grape [グレイプ]

週間 台風 勢力維持し接近 大雨の恐れ <2018年8月7日>

By - 日本気象協会 tenki.jp  作成:  更新:

Share Tweet LINE

<2018年8月7日>

強い台風13号はあす8日は伊豆諸島に接近し、9日にかけて勢力を維持しながら関東地方に最も接近する見込み。台風周辺の雨雲がかかるため、8日から9日にかけて関東地方や東北地方では局地的に激しい雨や非常に激しい雨。雨量が多くなり、大雨の恐れ。

メイン画像

あす水曜 朝の通勤に影響も

強い台風13号は、あす8日(水)には伊豆諸島に接近し、勢力を維持しながら9日(木)にかけて関東地方に最も接近する恐れがあります。台風周辺と台風本体の雨雲がかかり、8日(水)から9日(木)にかけて関東地方や東北地方では局地的に激しい雨や非常に激しい雨となりそうです。8日(水)朝の通勤の時間帯から風や雨が強まり、交通機関にも影響が出る恐れがあります。あらかじめ交通機関からの最新の情報をご確認の上、余裕を持った行動を心がけてください。

関東や東北 大雨の恐れ

台風が接近する前から大雨となることがあるため、降り始めからの総雨量が多くなる見込みです。9日(木)午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、関東地方は200ミリから300ミリ、東北地方は150ミリから200ミリとなっています。関東や東北ではたった1日で平年の8月1か月分の雨量を超える雨の降る所もあり、大雨の恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒をしてください。

西日本は晴れ続き 残暑厳しい

画像C

西日本は8日(水)以降も高気圧に覆われて晴れる日が続くでしょう。立秋を過ぎても最高気温が35度以上の猛烈な暑さはおさまりそうもありません。熱中症には引き続き厳重に警戒してください。

関東地方では9日の午後には次第に台風が離れ、晴れ間が出てくるでしょう。前日よりも一気に気温が上がり、最高気温が35度以上の猛暑日の所がありそうです。10日(金)以降も晴れ間の出る日が多いでしょう。お盆にかけて沖縄と九州から関東、東北では残暑が厳しくなりそうです。

logo_tenki

tenki.jp

tenki.jpは、日本気象協会が運営する天気予報専門サイトです。ピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を提供します。気象予報士が日々更新する日直予報士も人気です 
http://www.tenki.jp/

出典
週間 台風 勢力維持し接近 大雨の恐れ

Share Tweet LINE