grape [グレイプ]

仏料理界の巨匠、ミシュランで史上最多の星獲得したジョエル・ロブション氏が死去 73歳

By - AFPBB News  作成:  更新:

Share Tweet LINE

フランス料理界の巨匠ジョエル・ロブション氏(2016年1月14日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)フランス料理界の巨匠で、高級レストランガイドブック「ミシュランガイド(Michelin Guide)」で史上最多の星を獲得したジョエル・ロブション(Joel Robuchon)氏が6日、死去した。73歳だった。

友人の料理評論家ジル・ピュドロウスキ(Gilles Pudlowski)氏はAFPに対し、ロブション氏は新たなレストランの開店を予定していたスイス・ジュネーブで、膵がんにより亡くなったと説明。バンジャマン・グリボー(Benjamin Griveaux)政府報道官も、同氏の死去をツイッター(Twitter)投稿で認めた。

1990年に美食ガイド「ゴー・ミヨー(Gault & Millau)」が選んだ「世紀のシェフ」4人に入ったロブション氏は、3大陸に多数のレストランを開店してグルメ界に革命を起こした。ミシュランガイドでは一時、史上最多の星32個を獲得し、死去時も24個の星を保持していた。

駆け出しのころから完璧主義を貫き、えり抜きのシェフが集まるヌーベルキュイジーヌ界でたちまち名を上げると、30歳でパリのホテル「コンコルド・ラファイエット(Concorde Lafayette)」で約90人が働く厨房を率いるようになった。

ミシュランガイドの星に加え、多くの賞も受賞。自ら身を粉にして働いた後、50歳で引退を決意した。

しかし、数年後に「アトリエ」というコンセプトを引っ提げて現役に復帰。これは日本のすしカウンターに着想を得たもので、伝統的な三つ星レストランとは異なる、より手の届きやすい店を意識したものだった。

同氏が東京やパリ、中国のマカオなどに構えたレストラン「ラトリエ(L'Atelier)」は、客がU字型のバーに据えられた高いスツールに座り、シェフらが立ち働く姿を見ることができる形態で、美食家らが列を成して訪れている。

AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつ、AFP通信のニュースを毎日約300枚の写真とともに配信しているサイトです。 (c)AFPBB News
http://www.afpbb.com/

Share Tweet LINE