grape [グレイプ]

『二度と歩けない』と宣告された愛犬 飼い主の選択が胸をしめつける

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

14339_06

出典:YouTube

アメリカ・カリフォルニア州に住んでいる8歳のスプリンガー・スパニエルのサミーと飼い主のジェニーさん。ある日、突然サミーの首に異変が起こります。病院で診察した結果、脊髄の骨を摘出する手術を受けることになったサミー。

しかし、手術のかいもなく、四肢麻痺でサミーの体はまったく動かなくなってしまいました。

14339_08

出典:YouTube

ジェニーさんは医者から「サミーはもう二度と歩けないかもしれない」と告げられます。

しかし、彼女は諦めず、最後の希望を抱いて『カリフォルニア動物リハビリテーション病院』を訪ねました。

14339_09

出典:YouTube

悩んだ上、3カ月間サミーを病院に託してみることにしたジェニーさん。元気な姿でまた会えると信じながらも、医者からの宣告に心のどこかで覚悟を決めていたのかもしれません。

そして退院の日、迎えに来たジェニーさんはサミーの姿を見て泣き崩れました。

あまりの驚きに、持っていたかばんまで落とすジェニーさん。

言葉にできないほどの感動に、ジェニーさんサミーをぎゅっと抱きしめたまま涙を流しました。サミーも、尻尾をぶんぶん振りながら、とても喜んでいるようです。

医者から「麻痺が一生残るかもしれない、二度と歩けないかもしれない」と告げられたジェニーさんは、周囲の人々からも「他の犬を迎えたほうがいい」とすすめられたこともあったそうです。しかし、ジェニーさんはサミーを手放すことはできませんでした。

14339_06

出典:YouTube

病院のスタッフは「サミーは本当に強い子でした」と話しました。そのくらい、サミーが受けたリハビリは厳しいものだったのでしょう。

しかしサミーは、辛いリハビリを3か月間諦めることなく、頑張りました。

大きな壁を乗り越えてみせたサミー。今はプールで泳げるようになるほど元気になって、家族と楽しい時間を過ごしているそうです。

ジェニーさんの気持ちとサミーの努力が生み出した奇跡。その姿は私たちの心も癒してくれました。

厳しいリハビリを乗り越えたサミー。これからも、優しいジェニーさんと幸せな生活を過ごせるよう願っています。

出典
California Animal Rehabilitation - Sammi WalksCalifornia Animal Rehabilitation - Sammi from Quadriplegic to Running

Share Tweet LINE