grape [グレイプ]

ベーコンをカリカリに焼く裏技!意外な「ある調味料」を入れると、香ばしさがアップ♪

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

13025_main

ほんのひと手間で、ベーコンがいつもよりカリカリに焼ける方法をご紹介します。

テフロン加工したフライパンを熱します。そこに投入するのは、砂糖一つまみ

13025_01

ベーコンを並べます。

13025_02

引っくり返しながら両面を焼いていきます。

13025_03

香ばしい匂いがしてきます。完成です!キレイに焦げ目が付きました。

いかがでしょうか?普通に焼くと、クタっとしてしまいますよね。

砂糖でベーコンがカリっとなるわけ

砂糖は100℃以上に加熱すると飴状になり、カラメル化します。このカラメル化により、キレイなキツネ色と、甘い香ばしさを作り出すのです。

今回の工程ではベーコンにカラメル化した砂糖が組み合わさることで、通常より香ばしくカリカリとした食感を生み出しています。

砂糖をかけると甘くならないか心配かもしれませんが、少量なので気になりませんよ。

カリカリに焼けたベーコンは、細かく刻んでサラダのトッピングにしたり、サンドイッチの具材などに使用するととても美味しいです。

カリカリベーコンの活用♪

今回はBLTサンドにしてみました!ベーコンの肉汁がジューシーでカリカリの食感がたまりません。

13025_04

ちょっとした魔法を使って美味しく満足。いろんな料理に応用できるのでぜひお試しください!

出典
 

Share Tweet LINE コメント

page
top