grape [グレイプ]

瀬戸内寂聴 執着をすべて捨ててしまった時、人間の表情はきれいになる

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第762回

私たちは自己愛のかたまりです。自分の幸福を犠牲にしてまで、愛を譲ることはできません。裏切られれば恨み、憤り、十の愛を注げば必ず十の愛のお返しを欲してしまうのです。それでいつでも不平不満なのです。

瀬戸内寂聴

撮影:斉藤ユーリ

《瀬戸内寂聴 新刊情報》

〈最新刊〉
『愛することば あなたへ』 瀬戸内寂聴
光文社刊 定価:920円(税別)

人はなぜこの世に生きているのでしょう。それは愛するためです。

生きていれば人生にはいろいろなことが起きます。
仕事に失敗したとき、失恋したとき、問題を起こしてしまったとき、怒りで大声を出したいとき、大切な人を失ったとき、もう、生きるのが嫌になったとき……。

そんなとき、この本を開いてみてください。
寂聴さんのことばが心に沁み、心が開かれてきます。

本書に収められているのは、「男と女」「くるしみ」「しあわせ」「わかれ」「さびしさ」「いのり」という愛にまつわる6つのテーマで厳選した珠玉の言葉たちです。

『いのち』 瀬戸内寂聴
講談社刊 定価:1,400円(税別)

長い生涯の中で深い縁に結ばれた女流作家、大庭みな子と河野多恵子。
天才的な才能に恵まれたライバル同士である二人の愛憎の激しさを描いた著者の、最期の長編小説になるかも知れない力作です。
胆のうがんの摘出手術から帰還する冒頭のシーンから思わず引き込まれていきます。

『おちゃめに100歳! 寂聴さん』 瀬尾まなほ
光文社刊 定価:1,300円(税別)

寂庵に来るまで瀬戸内寂聴が作家であることも尼僧であることも知らなかったという著者。
寂聴さんの秘書になって七年。
常日頃共に過ごしているからこその、瀬戸内寂聴の日常を綴ったエッセー。
読んでいると思わず顔がほころびます。

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送瀬戸内寂聴 執着をすべて捨ててしまった時、人間の表情はきれいになる

Share Tweet LINE