grape [グレイプ]

ドラゴンボートをオリンピック種目にしたい

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(9月16日放送)で、参議院議員の朝日健太郎が出演。朝日が東京都の会長を務める、スポーツ競技「ドラゴンボート」について伺った。

自見)「ドラゴンボート」とはどんなスポーツなんでしょうか?

朝日)20人乗りのボートをパドルというオールで漕いで、スピードを競う競技です。ボートの先頭部分に龍の顔が付いていて、開会式のときには安全を祈願してダルマのように「目入れ」をします。また漕ぎ手20人の内、ひとりが後ろ向きで太鼓をたたいて、その音に合わせて残りの選手はパドルを漕いでいきます。

自見)元々は中国のスポーツ?

朝日)香港辺りがすごく盛んです。神事、お祭り的なところから出来たスポーツです。

自見)神輿を担ぐような感じなのですか?

朝日)それに近いと思います。

自見)5月にはお台場で大会が行われたそうですね。

朝日)お台場の海浜公園をお借りして、東京ドラゴンボート大会が行われました。250mを約1分くらいで競います。

淵澤)1分で終わっちゃうんですか?

朝日)1分で終わっちゃいます。誰ひとりとしてサボることができない。漕ぐチカラの多少差があっても、チームとしてひとつの目標に向かう1分間がたまりません!

自見)一体感がありますね。子供たちも参加しているんですよね。

朝日)キッズチャレンジという形で体験会を行っています。海に親しみ、スポーツで競争する。初めて参加しても、比較的ハードルの低いスポーツです。

自見)本格的にやられている方々も多いんですよね。

朝日)行く行くは、オリンピックボート競技の1つの種目として、ドラゴンボートを入れて頂きたいと思っています。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送ドラゴンボートをオリンピック種目にしたい

Share Tweet LINE コメント

page
top