grape [グレイプ]

NASAが開発中の飛行機がどう見ても『長ネギ』なんだけど…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

10526_04

夢の超音速旅客機と呼ばれた「コンコルド」は2003年10月24日を最後に営業飛行を終えましたが、新世代の超音速旅客機実用に向けた開発はNASAにより続けられています。

画像はNASA/ロッキード・マーティン社による、新世代超音速旅客機予想図です。

10526_02
10526_03

NASAは、産業パートナーである航空機・宇宙船開発製造のロッキード・マーティン社(米国)と共に、超音速旅客機を運用する最大の課題「ソニックブーム」の低減に向けて研究・開発を続けているとのことです。

問題の「ソニックブーム」とは、超音速飛行によって発生する爆発音のような大音響のこと。この騒音問題が、超音速旅客機普及の妨げとなってきました。

コンコルドが発生させたソニックブーム音の動画

NASAは、研究の成果により新世代の超音速航空機の実用化は近いとしています。実用されれば、東京―ロサンゼルス間を5~6時間で行き来できるとのこと。夢の超音速旅客機の実現が楽しみですね!ネギっぽいデザインは・・・今後に期待です!

出典
nasa.gov

Share Tweet LINE コメント

page
top