grape [グレイプ] entertainment

佐藤浩市、号泣 映画『愛を積むひと』舞台挨拶で、妻からの手紙に会場中が涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2015年6月20日、映画『愛を積むひと』の初日舞台あいさつが都内で行われました。

その壇上で、主演の佐藤浩市さんに贈られた奥様からのサプライズレターに、佐藤さんだけでなく、会場全体が感動の涙に包まれたと注目が集まっています。

佐藤さんの奥様が書かれたお手紙を代読するのは、劇中で妻の良子を演じる樋口可南子さんです。

浩市さん

心臓が飛び出るくらい、ビックリしていることと思います。すみません。

私は、この作品を観るのが、今日で3回目。きっとまた、客席で号泣していると思います。

もし自分が、夫よりも先に旅立つことになったら…ふと、そんなことを考えてしまいました。

(中略)

結婚した当初、身体があまり丈夫でない私は、『自分が死んだら、保険金で、好きな映画を作ってね』と、あなたに言ったことがありました。

もちろん当時は、まだ若く、死という存在が遠くにありました。でも自分が、浩市さんよりも先に逝ってしまうような気がしたのは、本当です。

今の私は違います。

篤史さんと似ていて、役者の仕事しかできない浩市さん。あなたを残して旅立つことは、家族はもちろん、事務所のマネージャーさん、映画関係者の皆さまに、とてつもないご迷惑をおかけする事になり、それを思うと、とても先に逝くことなどできません。

 

この作品を通じて、命には限りがあるということを痛感しました。当たり前の日常が、突然無くなることもあるということも。そのとき後悔しないように、健康を大事に、感謝しながら、大切な家族や大切な方達との時間を、丁寧に過ごしたいと思います。

23年前に浩市さんから頂いたお手紙にあった『僕は一生あなたの味方です』という言葉を、今も忘れません。

私の一番の味方は、浩市さんです。だから、どんな困難も乗り越えていけます。これからも、家族でいろんな愛の形を積み上げて、沢山の笑顔につなげていきましょうね。

(中略)

浩市さん、私は浩市さんを一人にしないように、浩市さんよりも、1日でも長く生きる事を約束します。

「愛を積むひと」初日舞台あいさつ ーより引用

映画『愛を積むひと』

14520_01

©2015「愛を積むひと」製作委員会

佐藤浩市さん演じる篤史と、樋口可南子さん演じる妻の良子が、第二の人生として「北海道美瑛町(びえいちょう)」に移り住むところから物語は始まります。

かつて外国人が住んでいた家で暮らし始め、これから二人で…という時に、良子は以前から患っていた心臓病が悪化し、帰らぬ人となりました。

悲しみにくれる篤史のもとへ、突然届いた亡き妻からの手紙。その後も次々と届く良子の手紙を通して、篤史と、その周囲の人々の人生が動き出します…。

佐藤さんの奥様は、手紙の中で『愛を積むひと』のことを、こう語っています。

『愛を積むひと』は、ご夫婦はもちろん、恋人達、子どもの立場から、そして迷える若者と、幅広い層のお客さまの心に残る作品だと思います。

1人でも多くの方に観ていただいて、もう一度、大切な方との人生を見つめ直す、ひとつのきっかけになるといいな、と思います。

「愛を積むひと」初日舞台あいさつ ーより引用

佐藤さんは「文字は、また違う気持ちの伝わり方がある」とおっしゃっていましたが、この映画も手紙が重要な役割を持っています。

メールやLINEなどのツールが主流になってきた今、手紙を書く機会が減ってきました。ですが、言いづらいことや、言葉にするには恥ずかしいことでも、手紙なら素直に気持ちを伝えられるかもしれません。

皆さんも、手紙に想いを込めて届けてみてはいかがでしょうか。

『愛を積むひと』

2015年6月20日全国ロードショー

『愛を積むひと』 公式ホームページ

©2015「愛を積むひと」製作委員会

出典
佐藤浩市、サプライズの妻からの手紙に感涙 代読した樋口可南子も感涙! 映画「愛を積むひと」初日舞台あいさつ『愛を積むひと』 予告篇映画 愛を積むひと 公式サイト

Share Tweet LINE コメント

page
top