grape [グレイプ]

子供のTV出演の条件に出された、残酷な質問。親達に伝えたかったこととは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

可愛い子どもたちが、動物の服を着て楽しそうに写真撮影を行っています。虎やゾウ、ライオンなどの真似をしながら、元気よくポーズ!

子どもをテレビに出演させ、思い出を残してあげたい」そう思っている親と、その子どもが集まり、オーディションに参加しました。しかしこのオーディションは、あるメッセージを伝えるために作られたプロモーションだったのです。

14482_01

出典:YouTube

14482_03

出典:YouTube

やがて撮影が終わり、インタビューが行われます。

スタッフは子どもたちの実の親に、子どものテレビ出演の条件として4つの質問をしました。

14482_04

出典:YouTube

  • あなたは子どもたちと、2日間離れて過ごすことができますか?

  • 撮影の前日、子どもに何も食べさせないことができますか?

  • 必要に応じて、子どもの前歯を抜いても大丈夫ですか?

  • 子どもが言うことを聞かないとき、電気ショックを与えても大丈夫ですか?

14482_05

出典:YouTube

あまりにも残酷な質問に、親たちは驚愕し、急いで子どもたちを連れて帰ります。中には、涙を流す母親の姿もありました。

いったい、何のためのプロモーションだったのでしょうか。

実はあの質問、スペインでテレビや映画に出演している野生動物が、実際に経験していることだそうです。

もちろん、全ての動物が虐待されているのではありません。しかし、ゼロではない。この映像は、言葉を話せない動物たちの代わりに、その実態を伝えたかったのではないでしょうか。

SONY DSC

この映像を企画した、スペインの『動物保護協会FAADA』では、こう伝えています。

自分の子どもを大事にするのと同じく、野生動物の虐待を止めてください。』

我が子があの4つの条件でテレビに出られるとしても、それを許す親はいないでしょう。とても極端的な例ではありますが、どこかの動物たちにとっては現実の話。私たちの子どものように、彼らも親であり、子供である大事な存在です。この映像をきっかけに、スペインで起きている虐待の問題がゼロになることを願っています。

出典
Advertising campaign for Faada #themostsavagecasting

Share Tweet LINE コメント

page
top