grape [グレイプ]

「まるで旅館の朝ごはん!」テーブルでご飯が炊ける『炭窯』その味に感動

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

日本人の食卓に欠かせない『お米』。

おかずをつくるのが面倒な時も、炊きたてのホカホカご飯とお味噌汁があればそれだけで満足、なんて人も多いのではないでしょうか。

おいしいご飯を炊くには…

ガスコンロやかまどで炊いたご飯はおいしいとよく聞きますよね。直火で炊くとお米一粒一粒にムラなく熱が伝わり、短時間で芯までふっくら炊き上がります。

さらに、炭を入れて炊くと、ご飯の粘り気と甘みが一層引き出されるそうです。 炭はミネラルが豊富で熱伝導性があり、ご飯に限らずいろいろな料理をおいしくすることで知られています。

より本格的に、おいしいご飯を炊くために欠かせない『直火』『炭』。

カーボン(炭素)の専門メーカー、エスシーアンドエスシーから販売されている『HOMUSUBI』(ほむすび)は、その2つのこだわりを叶えた画期的な調理鍋です。

99.9%の無垢な『炭』から造られた、世界初のカーボン製調理鍋『HOMUSUBI』は、材料製造から削りだし加工、コーティングまでの製造工程をすべて国内で行っています。

半年もの年月をかけて製造された純度の高いカーボン製なので、熱伝導性や遠赤外線の効果は木炭と同等レベル!素材にムラなく火を通し、旨味を逃しません。

一流の料理人にも注目されている『HOMUSUBI』の調理鍋。 大阪のミシュラン1つ星の料亭『楽心』では、オープン以来ずっと、『HOMUSUBI』の炭鍋『楽ごころ』を愛用しているそうです。

『楽ごころ』は電子ジャーや土鍋とは比べ物になりません。

弱火でも炊ける『楽ごころ』は、省エネにもなり、落とさない限り永久に使い続けられます。オープンから5年間毎日使ってますが一度も割れていません。

HOMUSUBI Japan 『楽心』 ーより引用

手軽で簡単!炭鍋ご飯の味にハマる

夫婦ともにお米が大好きな我が家。毎日の食卓に炊きたてのご飯は欠かせません。早速、週末に『HOMUSUBIシリーズ』を使ってみました!

土曜日の夕食は炭鍋『楽ごころ』を使い、さんまの炊き込みご飯に挑戦。

お米をたっぷりの水に約10分間浸した後、鍋にお米、具材、調味料をいれて弱火で10分熱します。沸騰したところで火を止め10分蒸らし、でき上がり。

米の芯まで味がしっかり染み込み、とてもおいしかったです。 フッ素加工をされているので、おこげを簡単に混ぜ合わせることができ、洗う時もラクラク。

大きさは夫婦2人にちょうどいいサイズ感で、意外と軽く、持ち運びも負担になりませんでした。

また、こちらの鍋で野菜料理をつくると素材の色がそのままに、お肉料理はジューシーに仕上がります。

日曜日の朝は、炭釜『啓』でご飯を炊いてみました。

調理時間は、たった15分!これなら忙しい朝でも炊きたてのご飯が楽しめますね。

まるで旅館の朝食のように、テーブルについたまま炊きたてのご飯が食べられます。冷めてもおいしさが損なわれないので、お弁当にも大活躍です!

想像以上の手軽さとおいしさに、すっかり夢中になってしまった私。食材の旨味を引き立てるので、栗ご飯や秋野菜のお鍋など、いろいろな旬の料理を試してみたくなりました!

お得なキャンペーン中

ラインナップは、炭鍋『楽ごころ』と炭釜『啓』の2商品。キャンペーン期間中にご購入いただいた場合は、以下の特典が付いてきます。

■キャンペーン期間:2018年10月18日~11月30日

■購入特典内容

  • 炭釜『啓』HIRAKI:雪ほたか(お米)2合分をプレゼント
  • 炭鍋『楽ごころ』:雪ほたか(お米)2合分、満月茶1パックをプレゼント

土鍋の寿命は約1年といわれていますが、炭鍋はずっと使い続けられます。おいしいご飯の味を親から子、子から孫へと引き継いでいけたら素敵ですよね。

ご家庭用としても、大切な人へのギフトとしてもおすすめの『HOMUSUBI』の調理鍋。grape SHOPにてお求めいただけます。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top