grape [グレイプ]

一見普通のお弁当箱 しかし『ある部分』に思いもよらない使い方が!

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

平日ランチは『お弁当派』というみなさん。

夏は食中毒が心配ですが、冬は気温が低いからと安心しきっていませんか。

実は冬も意外なシーンで注意が必要です。例えば通勤、通学途中の電車やオフィス。

※写真はイメージ

暖房が効きすぎていて、気付いたら「お弁当箱ごと温まっていた!」ということ、一度は経験ありますよね。

そして季節関係なくやってしまいがちなのが、せっかく用意した保冷剤を入れ忘れるという凡ミス…。

単純明快なアイディアお弁当箱

そんな諸々の「うっかり」を防いでくれる、ナイスなお弁当箱があるんです。

それが『GEL COOL ランチボックス』

一見普通のお弁当箱。フタを開けてもこの通り、何も変わった様子はありません。

どこに秘密があるかというと…実はここ。

フタそのものが保冷剤だったのです!

特殊技術により、フタの内部に保冷剤が封入されているので、使う時はフタごと凍らせるだけ(目安6時間)。なんて明快!

これなら、わざわざ別で保冷剤を用意する必要もなく、うっかり入れ忘れる心配もありません。

しかも一般的な保冷剤では、使う時に冷凍庫の中でぐにゃりと曲がったまま冷え固まってしまうことがありますが、そんなプチストレスとも無縁です。

保冷効果もバッチリ

食中毒の原因の1つである、雑菌が繁殖しやすくなる温度条件は、一般的に25℃以上といわれています。

GEL-COOLなら、ご飯を詰めて4時間後でも15℃をキープ。食中毒のリスクを減らすことができます。

色、デザイン、形…選べるGELCOOLシリーズ

『GEL COOL ランチボックス』はカラーバリエーションが豊富。老若男女問わず使えるシンプルなデザインなので、家族みんなで使うこともできます。

ちなみに私はお箸とおそろいのピンクを愛用中。

のんきな顔が可愛い双子クマ!

同じシリーズとして、ホッキョクグマの顔が描かれた『GEL COOL GEL COOま ランチボックス』も大人気。

こちらの売り上げの一部は、北海道札幌市にある『札幌市円山動物園』のホッキョクグマのエサ代として寄付されているそうです。

水切り用すのこが付いたサラダケースも!

透明かつ丸い形状の『GEL COOL サラダケース』には水切り用すのこが付属。

ドレッシングをかけた野菜やパスタを入れても、べちゃべちゃになりにくくなっています。

ありそうでなかった保冷剤一体型のお弁当箱。どれも使い勝手がいいのでお弁当の中身に応じて使い分けるのも◎。オールシーズン活躍してくれそうです。

GEL-COOLシリーズはgrape SHOPでお取り扱い中です。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top