grape [グレイプ]

「軽くてびっくり!」「もうこれしか使えない」世界一軽い『ホーロー鍋』に感動!

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

岩手県の『南部鉄器』や青森県の『こぎん刺し』、秋田県の『曲わっぱ』など、日本には各地にさまざまな伝統工芸品があります。

職人によって一つひとつ丹精こめて作られる工芸品は、見た目の美しさだけではなく、長く使い続けられるものばかり。

最近は、若い職人の新しいアイディアを取り入れた、これまでにない商品も増えています。

燕三条で生まれた、世界最軽量のホーロー鍋

古くからものづくりの街として栄えてきた、新潟県・燕三条(つばめさんじょう)。特産品である金物やステンレスは、世界からも注目を集めています。

そんな燕三条で生まれた、世界最軽量の鋳物(いもの)ホーロー鍋『UNILLOY (ユニロイ)』をご紹介します。

『UNILLOY』は、燕三条に根付いた鋳物技術を結集し、使いやすさを追求してつくられた『鋳物ホーロー鍋』です。

『鋳物ホーロー鍋』といえば、熱がゆっくりと伝わり、保温・保湿にも優れているのが魅力。 煮込み料理、スープ、炊飯などの保温性を活かした料理から、揚げものや炒めものまで、幅広く調理できます。

でも、金属を高温で溶かして加工される『鋳物』は、ずっしりと重く、扱いづらいのが難点でした。

そんな『鋳物ホーロー鍋』のよさは残したまま、極限まで軽さを追求して生まれたのが『UNILLOY』です。鍋の厚さはなんと、わずか2mm!片手でラクラク持ち運べるほどの軽さで、洗う際にもストレスがありません。

また、ガラス質のホーローをほどこしているのでサビつかず、お手入れも簡単です。

IH対応なのはもちろん、鍋ごとオーブンで加熱できるため、ブロック肉などの大きな食材にも、中までしっかり火が通ります。

グッドデザイン賞に選ばれた『UNILLOY』は、細部まで考えぬかれた、機能的なデザインも魅力です。なだらかに下向きのラインを描く取っ手は、鍋をバランスよく支えられる角度に調整されているので、安定感が抜群です。スタイリッシュなデザインで、そのままテーブルに出しても違和感がありません。

どれだけ軽いの?使ってみた!

人気カラーの『さくら』

『鋳物ホーロー鍋』は家にあるものの、毎日使うには重たすぎておっくうになってしまった私。

これまでのものと使いやすさにどれだけ違いがあるのか…早速『UNILLOY』を試してみることにしました!

里芋とタコの炊き込みご飯

いつもは炊飯器で作っている、炊き込みご飯。『UNILLOY』で炊いてみると、保温効果が高いおかげで、火から下ろして食べ終わるまで、ホカホカなご飯が食べられました。里芋もタコも、しっかり中まで火が通り、驚くほどの柔らかさ!

また、鍋の取っ手のところにフタを引っ掛けられるので、置き場所に困らないのもうれしいポイントです。そして何より、鍋が軽くて後片付けが負担に感じませんでした。

野菜と鮭のちゃんちゃん焼き

別の日には、『野菜と鮭のちゃんちゃん焼き』に挑戦。炒めて味噌ダレを入れて蒸すだけ…たった15分で完成!短時間なのに、中までじっくり火が入って、野菜そのものの甘みを味わえました。

鍋がおしゃれなので、そのままテーブルに出せるのも時短になって助かります。

右上から時計回りに、くろがね(黒)、藍(ネイビー)、卯の花(白)、くちなし(黄色)

今回使った淡いピンク色が可愛らしい『さくら』のほか、カラーは全5色。どれも使いやすい色合いなので、料理が映えますよ。

また、鍋の大きさは、深型のタイプが直径22cm(3.8L)・20cm(3.0L)、浅型のタイプが直径24cm(3.2L)・22cm(2.6L)とあり、用途によって使い分けられます。値段は2万3千円~2万7千円(税別)です。

軽くて毎日使いたくなる『UNILLOY』。ご自宅で手軽に本格料理を作ってみませんか。『UNILLOY』はgrape SHOPにてお求めいただけます。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top