grape [グレイプ]

サメに襲われ、左腕を失くしたサーファーが母親になるまで…その過程に勇気をもらう

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

2003年10月31日、ハワイのカウアイ島でサーファ―・ガールの少女がサメに左腕を食われてしまうという惨事が起こりました。

その少女の名前は、ベサニー・ハミルトン

当時のベサニーさんは、まだ13歳でした。サーファーへの想いを諦めるには、早すぎる歳です。しかし、彼女がサメに襲われた時、全身の60%もの血を流したため、サーファーを続けるどころか命すら危ない状況だったそうです。

14608_04

出典:YouTube

すぐ病院へ運ばれた彼女は幸い命を取り戻し、7日間治療を受けながら、順調に回復していきました。

そして、1カ月後。

回復したベサ二ーさんは、再びサーフィンを始めました。片腕だけで乗れるまでの過程は、決して簡単ではなかったはずです。恐れることなく、迷わずサーファーの道を選んだ13歳の少女。事故の約1年後には、大会にまで出場し、またその半年後。

ベサニーさんは、ESPY賞のカムバック賞に入賞する、また大きな一歩を踏み出しました。彼女がサーフィンをしている姿には、二度驚かされます。

彼女は2005年に、NSSA全米アマチュアサーファーのチャンピオンになり、2008年には、プロのASPワールドクオリファイシリーズに出場しました。

大きな壁を乗り越え、堂々とプロのサーファーになり、ソウル・サーファーと呼ばれるようになったベサニーさん。2013年には、友達の紹介で交際を始めたアダム・ダークスさんと結婚式を挙げました。

家族、友人など、たくさんの人の祝福の中、二人は誓いのキスを交わしました。

14608_07

出典:YouTube

そして、2015年の6月1日に第一子、男の子のトビアス君を無事に出産したそうです。13歳だった片腕の少女が、プロのサーファーになり、可愛い息子の母親になりました。

Lil toes on a lil guy. ❤️ 👣

Bethany Hamiltonさん(@bethanyhamilton)が投稿した写真 -

彼女の話が映画にも?

2003年に出版された自伝「Soul Surfer: A True Story of Faith, Family, and Fighting to Get Back on the Board」。ベサニーさんの実話をもとに2011年、映画化された「ソウル・サーファー」が全米で公開されました。

14608_08

出典:bethanyhamilton

映画のワンジーン。左腕を失くした後のある夜中、ベサニーさんはお父さんにこう質問します。

ベサニー:when can i surf again?(いつまたサーフィンできるの?)

:it is not going to be easy.(簡単ではないよ。)

ベサニー:i don't need easy.i just need possible.(簡単じゃなくていい、ただできればいいの。)

映画でも、彼女の強い意志がよく表れているようです。

片腕がないことよりも、夢を諦めることの方がもっと受け入れられなかったベサニーさん。情熱的なエネルギーを持つ彼女の存在は、今もたくさんの人に勇気を与え、感動させているのかもしれません。

出典
bethanyhamiltonBETHANY HAMILTON | HOW DOES SHE DO ITAmazonBethany Hamilton & Adam Dirks | Fairytale Hawaii Wedding

Share Tweet LINE コメント

page
top