grape [グレイプ]

グラスの中に石がゴロゴロ…触ってみると、「なるほど」「コレは便利!」

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

アイスコーヒーなどの冷たい飲み物は、時間が経つと氷が溶けて、味や香りが損なわれてしまうことがありますよね。

そんな時、こちらの『アイスキューブロック』を使えば、氷のように薄まることなく、飲み物の温度を保つことができます。

保温にも使える! フィンランドの自然が育んだ天然石

ステンレスやプラスチックなど、さまざまな素材のアイスキューブが売られていますが、 『アイスキューブロック』の原材料は『カレリアンソープストーン』と呼ばれる天然石。

自然に恵まれたフィンランド北東のカレリアン地方でしか採れない、貴重な石を使っています。

カレリアンソープストーンが生成されたのは、なんと28億年前。長い年月をかけて圧縮され極めて高密度にできているため、熱や冷たさを長時間蓄える性質を持っています。

もともとフィンランドでは、その高い耐熱性と、蓄熱性からカレリアンソープストーンを暖炉に使用してきたそうです。

一般的に販売されている同様の製品の多くは保冷しかできませんが、こちらの『アイスキューブロック』は保温も可能!

また、匂いや味、液体が染み込まず、化学物質も含まれていないため、飲み物や食べ物に直接触れても安心です。

使い方は簡単

保冷用として使いたい時は、使用する2~3時間前から冷蔵庫か冷凍庫にいれると、氷のように冷たくなります。軽く水にぬらしてから冷凍庫に入れておくと、薄い霜をまとい、より長く保冷が持続します。

『アイスキューブロック』はウイスキーや梅酒などの、ロック用氷の代わりとしてもぴったり。

溶けることがないので、味や香りを薄めることなく 最後まで飲み物本来の味を楽しむことができます。 これさえあれば、氷を切らしてもコンビニまで買いに行く必要がありません。

保温用として使う場合、石を熱湯に数分入れるか、オーブンで温めます。ただし、電子レンジは使用不可なのでご注意ください。

コーヒーや紅茶を飲む時は、事前に使用するマグカップにお湯を入れ、カップといっしょに石を温めれば、手間もかかりませんね。

私はミルクティーをつくる際に、鍋でいっしょにぐつぐつ温めて使ってみました。いつもはすぐ冷めてしまうミルクティーが、飲み終わるまでアツアツで感動しました!

手軽に保冷・保温ができるので、アウトドアでも活躍しそうですね!

お手入れ方法も簡単で、使用後は他の食器と同じく食器用洗剤で洗うことができ、食洗機にも対応可能。

洗えば繰り返し、半永久的に使うことができます。使うことで石の淡いグレーが深みを増し、チャコールグレーに変化していくそうです。

ちょっとしたギフトでもらっても嬉しい『アイスキューブロック』。grape SHOPにてお求めいただけます。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top