grape [グレイプ]

「おかえり!」10年前、盲導犬として旅立っていた子犬 引退後、我が家に帰ってくると

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

【ペットと一緒に vol.120】

盲導犬候補生との出会いと別れ。飼育ボランティアの15年の感動物語

盲導犬候補の子犬の飼育奉仕、盲導犬候補の子犬の出産と育児をサポートする繁殖奉仕、盲導犬リタイア犬の飼育奉仕と、盲導犬にかかわり続けた松本さん一家。今回は、出会いと別れのなかでかけがえのない思い出を築いた、松本さん一家の約16年のストーリーをご紹介します。

家族で最初に迎えたのは盲導犬候補生

1996年に横浜市内に一軒家を構えた松本さん夫妻は、2000年に当時小学2年生と5年生の息子たちから切望されたことがあると言います。それは、マンション生活で諦めていた、犬を飼いたいということでした。

「結婚する前に実家で、アイメイト協会の盲導犬(※アイメイト協会ではアイメイトと呼んでいますが、本記事では盲導犬と表記します)候補生のパピーを育てるボランティアをしていたので、同じように子犬を迎えようかと家族に提案してみました。すると全員が賛成してくれて、とんとん拍子に話が進みました」と、裕(ゆたか)さん。

息子さんたちの念願がかなう!

生後2カ月のラブラドール・レトリーバーの子犬を迎えて、松本家は一気ににぎやかになったそうです。
「子どもたちは大喜び。子犬は、はしゃぐ子どもたちの頭や顔に乗りかかってじゃれたりしていましたね(笑)。一般的にはパピーウォーカーという呼び名もある預かり家庭では、人はいかに味方になる存在か、人がその犬をどれほど大切にしているかを子犬に伝えるのが重要だと聞いていたので、本当にたっぷりと愛情を注ぎました」と、明子さんは語ります。

盲導犬として適性が高い血統から繁殖されただけあり、松本家にやって来たレナードくんは1週間でトイレを覚えたそうです。
「すごーい! やっぱり血筋かな? なんて感心したのを思い出します」(裕さん)。

子犬時代のレナードくん

子犬との別れと新たな出会い

こうしてレナードくんと楽しく過ごした1年間はあっという間に過ぎ、いよいよアイメイト協会にレナードくんが旅立つ日がやって来ました。
「涙涙のつらい別れだと想像しますか? でも、そうじゃなかったんですよ。実は飼育奉仕を続ける約束をしていたので、わりとすぐに次の子犬がやって来る予定だったんです。だから『次はどんなコかなぁ?』なんて、子どもたちも2頭目の子犬を楽しみにしていたようで、レナードとの別れも悲しいというより、がんばれ! と応援する気持ちでした」と、裕さんは笑います。

松本家にやって来た盲導犬候補生の2頭目は、ルピナスという女の子。
「それが、レナードに比べるとかなりのイタズラ好き(笑)。うんちに混ざって子どもの靴下が出て来たこともありましたね」(明子さん)。かじるのも好きで、日に日にじゅうたんが短くなっていったとも。

「同じ犬種でもずいぶんと性格が違うものだなぁ、と思い知らされました」と、松本夫妻は口をそろえます。そうした発見もまた、子犬と暮らす楽しみのひとつでもあったそうです。

おてんば娘のルピナスちゃん

一緒に遊んだり、少し遠くまで出かけたり、毎日たっぷり散歩をしたり……。2頭目の子犬との思い出も増えていき、1歳数カ月になったころ、また協会へと巣立って行きました。

松本さんたちが3頭目の子犬を迎える準備を始めたところ、繁殖ボランティアをしないかという提案が協会からあったそうです。
「正直、不安はありました。ちゃんと母犬の助産ができるかとか……。でも、チャレンジしてみようと決めました」(明子さん)。

バルコニーが大好きだったルピナスちゃん

こうして、3頭目は子犬ではなく、2歳のクリスタルちゃんがやって来ました。クリスタルちゃんとは、アイメイト協会の関連犬の集いにも一緒に参加したそうです。

「年に1回、候補犬、繁殖犬、盲導犬になれなかった元候補生や盲導犬リタイア犬など30~40頭が集まってバーベキューをするんです。でも、それほどたくさんの犬がいても吠え声がまったくしない。犬たちはちゃんと笑顔で遊んでますけどね、血筋からかむやみに吠えないのでしょう。すごい!」と、明子さんは驚いたそうです。いつかレナードたちがリタイアしてから一緒に過ごせたらいいなと願う気持ちも芽生えました。

ある日、レナードくんが盲導犬を引退したという連絡が…

出典
ニッポン放送盲導犬候補生との出会いと別れ。飼育ボランティアの15年の感動物語

Share Tweet LINE