grape [グレイプ]

【西日本豪雨】見知らぬ女性に泣きながら手渡された5千円札 男性はある決意をした

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

11月もあとわずか…。そろそろ今年を振り返ってもいいでしょう。2018年は本当に、自然災害の多い年でした。

地震で発生した北海道厚真町の土砂崩れ。広範囲で土が露出している=2018年9月6日午前、北海道厚真町 写真提供:産経新聞社

まず、異常に暑かった夏。そして、連続した台風被害。6月には大阪府北部地震、9月には北海道胆振(いぶり)東部地震。西日本を中心に北海道や中部地方など、全国的に広い範囲が豪雨に見舞われたのは、6月28日から7月8日にかけてでした。

広島県安芸郡坂町の高下博美さんの自宅を、山からの鉄砲水が襲ったのは、7月6日の夜のことでした。

「1週間の長雨が続いてね、午後6時15分には避難勧告が出ました。家の前の川を見に行くと、あと5センチほどであふれ出す気配。こりゃダメだ。避難しようと、玄関にカギをかけたところでした。そのとき、6メートルの鉄砲水が台所から襲って来たんです」と、その恐怖の瞬間を振り返ってくれた高下さん。

「足首から腰、腰から胸まで、アッという間に川の砂に埋まりました。『くそ! こんなところで死んでたまるか!』と叫びました」

高下さんは、水をかぶっていない2階を目指したそうです。ところが、足が大きな石にはさまれて自分が動けないことに気づきました。「落ち着け、高下博美、落ち着け!」自分自身に語りかけながら、水に潜って石から足をはずしました。

ようやく2階にたどり着くと、そこで停電になってしまいました。猛烈に暑いので、窓を開けて風を入れました。奥さんはまだ勤め先。息子さんは広島県内の大学に行っています。それぞれに電話をかけ、高下さんは言いました。

「まず、自分の安全を確保しろ。もうこの家には戻れんぞ!」

絶望のなか、心だけはピーンと緊張の糸が張り詰めていたと言います。

政府与党連絡会議に臨む安倍首相(右から3人目)と公明党の山口代表(左端)=2018年7月2日午後、首相官邸 写真提供:共同通信社

明け放した窓から、近所の人たちの顔が見えました。
「お~い元気か?」「あしたはみんなで、晴れた空を見ようぜ!」と声を掛け合い、1人暮らしのお年寄りには「ひとりじゃないですよ! 大丈夫! 安心しなさい」と励ましの言葉を送りました。

次の朝の5時、窓を開けると犬の鳴き声が聴こえました。見れば、犬のそばのがれきの上にポツンと娘さんが座っています。
「お~い! 待ってなさい。いま、救助隊に知らせるから」

高下さんは、この町に生まれ育ち、42年間地元の学校の庶務と雑務を一手に引き受けた方。そのキャリアが、こうした災害時にもテキパキと判断を下すのに役立ちました。しかし自宅は、骨組みだけが残っただけ…全壊でした。

【西日本豪雨被害】大規模な土砂崩れが発生した住宅地で、搬送される遺体に向かって手を合わせる男性=2018年7月8日午後、広島県熊野町川角 写真提供:産経新聞社

高下さんがコンビニで電話をしていると、見知らぬ女性が声をかけてきて…

出典
ニッポン放送西日本豪雨からの復興~5,000円札に込められた真心のリレー

Share Tweet LINE コメント

page
top