grape [グレイプ]

もう一度家族の声を聞けるなんて 思い出のフィルムを修復する職人が出会ったのは…

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※ 写真はイメージ

毎週土曜日朝8時放送 ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』より。

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょう12月1日は「映画の日」。今回は、傷んだり劣化したフィルムやビデオを修復、家族の貴重な思い出を甦らせているフィルム修復師さんのグッとストーリーです。

「吉岡映像」代表取締役の 吉岡博行 さん

紅葉の名所で知られる京都・北野天満宮。そのすぐそばに、フィルムやビデオの修復を請け負う会社・「吉岡映像」があります。そこで小型ルーペを片手に、お客さんから預かった昭和のフィルムを1コマ1コマ丹念に点検しているのが、吉岡博行さん・63歳。この道20年のフィルム修復師さんです。

持ち込まれるのは、大正から昭和初期に使われていた9.5mmから、家庭用フィルムとして普及した16mm、8mm、VHSビデオテープなど様々。

マイクロフィルムが劣化・変形したようす

「最近、昭和30年代に撮った家庭用フィルムが、急に数多く送られて来るようになりました。放っておくとどんどん劣化が進んで、家族の貴重な思い出が消えていくので、まさに時間との戦いなんですよ」と言う吉岡さん。急に持ち込まれたものでも、劣化が早いものは緊急病院のように、優先的に修復。再び映写機にかけられる状態に戻し、DVDにダビングしてから、お客さんのもとへ返送します。

修復のポイントは、年月とともに変形したフィルムをできる限り「平ら」にすること。そうすると映写するときピントが合うのです。従来はフィルムに圧力をかけ、平らにしていましたが、吉岡さんが使っているのはなんと「アイロン」。奥さんのものを借りて、ずっと使っています。

変形したフィルムをアイロンで修復(修復前(左)と修復後(右))

「フィルムは、トリアセテートという酢酸繊維素(さくさんせんいそ)でできています。繊維ならアイロンが使えるんじゃないか? と試してみたら、うまくいきました」

波を打って曲がったフィルムに、アイロンで100度近い熱を加えて押し伸ばす吉岡さんの修復方法は、温度が2・3度高いとフィルムが伸び過ぎて歪んでしまいます。アイロンをかけるのは、貴重な家族の思い出が詰まったフィルム。毎回、緊張が走りますが「限界点で勝負しています」と言う吉岡さん。

平面化作業したフィルムのようす(修復前(左)と修復後(右))

13歳から8mmカメラの撮影を始め、映像プロダクションに入社。フィルム時代からデジタル時代までずっと映像撮影の仕事を手掛けて来た吉岡さん。フィルムの扱い方や、修復の技術も独学でマスター。その技術を人の役に立てようと、2008年、フィルム修復を専門に手掛ける「吉岡映像」を設立しました。

「修復するフィルムは1本1本状態が違うので、機械ではなく全部手作業。常に真剣勝負です」

「自分になにか役に立てることは…」 きっかけは被災地での経験 

出典
ニッポン放送被災者に無料で修復も~大切なフィルムを蘇らせるフィルム修復師のストーリー

Share Tweet LINE