grape [グレイプ]

夫を亡くした悲しみから救ってくれたのは、思いもよらない人物だった…

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第525回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、12月1日に公開された『彼が愛したケーキ職人』を掘り起こします。

宗教も性差も超える! 究極の人間賛歌

ベルリンのカフェで働くケーキ職人のトーマスは、イスラエルから出張でやって来るなじみ客のオーレンと恋人関係になっていく。ある日、いつものように「また1ヶ月後に…」と言って、オーレンは妻子が待つエルサレムへと帰って行ったが、その後、オーレンからの連絡が途絶えてしまう。彼は交通事故で亡くなったのだった。

エルサレムで夫の死亡手続きを済ませた妻のアナトは、休業していたカフェを再開し、女手ひとつで息子を育てるため多忙な日々を過ごしていた。そんな最中、アナトのカフェに、トーマスが客として現れる。職を探していると言うトーマスを、アナトは戸惑いながらも雇うことにするが…。

イスラエルのアカデミー賞にあたるオフィール賞で主要9部門にノミネート。カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭でエキュメニカル審査員賞を受賞するなど、海外でも絶賛された『彼が愛したケーキ職人』。第31回東京国際映画祭でも上映された本作が、いよいよ日本のスクリーンで封切られました。

本作を手がけたオフィル・ラウル・グレイツァ監督は、本作が東欧最大級の映画イベント“カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭”で絶賛され、世界各国で数多くの映画賞を受賞するなど、今後注目の若手超有望株。そして同時に彼は、イスラエルとパレスチナの家庭料理に精通したシェフでもあり、本を出版したり料理教室を開いたりしている人物なのです。

実は本作は、オフィル監督が学生だった頃に体験した、ある男性との出会いがインスピレーションになっているのだとか。それをモチーフにした2人の主人公が魅力的。

ケーキ職人のトーマス役には、ドイツ人俳優のティム・カルクオフ。無名ながらも、本作への出演がきっかけで2018年ヴァラエティ誌が選ぶ「観るべき10人のヨーロッパの俳優たち」に選出され、今後の活躍が楽しみな俳優です。そしてアナトを演じたのは、イスラエルの人気女優サラ・アドラー。それぞれのキャラクターが抱く複雑な感情を丁寧にすくい取った演技は必見です。

共通の男性を愛し、そしてその愛する人を失った悲しみに暮れる男女の姿をエモーショナルに描いた本作。ケーキ作りを通じて宗教的慣習や文化、国籍、セクシャリティの違いをあぶり出していく展開には圧巻の一言。

しかし、この映画の底辺にあるものは、そうした問題さえも超越した壮大な人間讃歌。食べること、生きること、そして愛することの尊さを感じずにはいられない秀作です。

彼が愛したケーキ職人
2018年12月1日からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
監督・脚本:オフィル・ラウル・グレイツァ
プロデューサー:イタイ・タミール
出演:ティム・カルクオフ、サラ・アドラー、ロイ・ミラー、ゾハル・シュトラウス、サンドラ・シャーディー ほか
©All rights reserved to Laila Films Ltd. 2017
公式サイト http://cakemaker.espace-sarou.com/

八雲ふみね しゃベルシネマ

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送夫を亡くした悲しみから救ってくれたのは、思いもよらない人物だった…映画『彼が愛したケーキ職人』予告編

Share Tweet LINE コメント

page
top