grape [グレイプ]

できる人は寄付をして。必要な人は取って。現金を貼り付ける実験で優しさを見た

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:YouTube

アメリカのロサンゼルス、ある駅で行われた実験。人々が行きかう中、40枚の1ドル札が貼り付けられたボードが設置されます。

そのボードには、こう書かれています。

「できる人は寄付をして。必要な人は取って #LoveLA」

14667_01

出典:YouTube

余裕があれば寄付をしてほしいし、お金が必要な人は取っていい。人々は興味深げに眺めます。中には携帯で写真を撮りはじめる人も。

14667_02

出典:YouTube

このお金は、どのように動いていくのでしょうか。

多くの人々が、笑顔でお金を貼り付けていきます。本当はお小遣いがほしいんじゃないのかな? 小さな男の子も寄付を。

14667_03

出典:YouTube

車いすの男性がお金を受け取ります。

14667_04

出典:YouTube

最後の一枚はなかなか受け取る人が現れず、20分間貼り出されたままでした。

結果として、お金を受け取る人の数よりも、寄付をする人のほうが多かったそうです。寄付をした人々の表情は晴れやか。

14667_05

出典:YouTube

できるときは人に力を貸してあげて、もし、できないときは力を借りたっていい。そうやって社会は支えあって成熟していきます。人間のやさしさに触れられたプロジェクト。

写真を撮っていた人がたくさん映っていましたよね。そんな人たちを通じて、やさしい人々の姿が広まっていくのでしょう。

自分を満たすことばかり考えたり、逆に与えることばかり求められているように、焦りを感じたり。でも本当は、与えたっていいし、求めたっていい。そう考えると、心が少し明るく、軽くなるような気がしませんか。

出典
Give What You Can, Take What You Need

Share Tweet LINE