grape [グレイプ]

徒歩で本州一周した男性 記録の細かさに驚くも、前職を聞いて「なるほど、納得!」

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

本州一周を徒歩で達成した 小田征一 さん

「人生は、三毛作だと思うんです……」と言うのは、千葉市美浜区にお住いの、小田征一(ゆきかつ)さん、75歳。このほど5年をかけて、本州一周を歩いて達成されました。

昭和18年、館山市で生まれた小田さんは、大学を卒業後、京成電鉄に入社します。
「当時の京成は、鉄道もバスもデパートも、みんな赤字でね。唯一明るい話題になるはずだったスカイライナーが、過激派に放火され、成田空港の開港が遅れて、大変な時期でしたね」

小田さんの趣味は登山で、20代の週末は仕事が終わると、そのまま新宿駅へ直行し、仕事の憂さを晴らしに山を登りました。
しかし30代は仕事が忙しくなり、山へ出かける時間もなく、仕事、仕事の毎日だったそうです。

本州一周の途中、大好きな山登りもときどきするとのこと

40代、50代の小田さんは、まさに〝出世街道〟を驀進! 京成電鉄から独立した「京成バス」の社長に、60歳で就任。その後、会長を経て、71歳で相談役を退任されました。

さあ、これからの人生をどう過ごそうか、と考えた小田さん。
「人生は、三毛作だと思ったんです。生まれてから学校で学んだ時期が、まずは一毛作。会社に勤めて、がむしゃらに働いた時期が二毛作。そして、これから自分のために過ごす時期が、三毛作だと……」

大きな理由はなく、『一人旅をしてみよう』と思いついた小田さん。電車やバス、飛行機、豪華客船、そんな旅もありますが、自分の足で日本各地を見て歩く、これこそが旅の醍醐味ではないか。

一人歩きで使うリュック 重さは10キロにもなるそう

試しに、千葉県一周をしてみました。1日25キロほど歩いて、その日のうちに電車で自宅に帰る。再び前回の終了地点に戻り、その続きを歩く。これを繰り返し、延べ19日間で千葉県一周を達成……これが思いのほか楽しかった。
さあ、そこで本州一周、一人歩きの旅が始まります。

小田さんがノートに記した細かすぎる情報に仰天!

出典
ニッポン放送「歩いてみないと気づかなかった」徒歩で本州一周、その楽しさと人生のあり方とは

Share Tweet LINE