grape [グレイプ]

新ブランド店でセレブが高価な靴を購入 しかしそこにはウラがあって

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Payless ShoeSource

2018年11月、アメリカ・ロサンゼルスに新しいブランドショップがオープンしました。

店名は『Palessi』。スタイリッシュなインテリアの店内には、見るからに高級感が漂う靴がズラリと並べられています。

『Palessi』のオープニングイベントには、ファッション好きのインフルエンサーたちが招待されていました。

トレンドの最先端をいくようなファッショナブルな靴に、ゲストたちは大興奮。パンプス、ブーツ、スニーカーなどはどれも200ドルから600ドル以上するにも関わらず、商品は次々と売れていきます。

靴店が仕掛けた大がかりなドッキリ

海外メディア『ADWEEK』によると、『Palessi』のオープン当日は最初の数時間で約3千ドルの売り上げがあったのだとか。

そこでインタビュアーが『Palessi』の靴を購入した人たちにブランドの印象を聞いてみたところ、誰もがとても満足している様子でした。

しかしこの後、ゲストたちの度肝を抜く真実が明らかになるのです。

実は『Palessi』はお手頃価格で人気のアメリカの靴店『Payless ShoeSource(ペイレス・シューソース)』が作った偽ブランドだったのです。

『Payless』はこのために『Palessi』のウェブサイトとInstagramアカウントを立ちあげ、オープンの日に向けて着々と準備を進めていました。

『Palessi』の店内に並べられた靴は実は『Payless』で売られているもの。つまりゲストたちは19ドル99セントのパンプスや39ドル99セントのブーツに何百ドルも支払ったのです。

CM動画の最後はこんなナレーションで締めくくられています。

ファッショニスタたちは『Payless』の靴に、実際に200ドル、400ドル、さらに600ドルを支払いました。

でもあなたはこれらと同じ靴を『Payless』で19ドル99セントで買うことができます。いまならエピックホリデーセール価格です。

高級ブランドの靴だと思っていた靴が実は『Payless』の靴だと知ったゲストたちは思わず苦笑い。

このコマーシャルを見た人たちの多くが、『Payless』の戦略を絶賛しています。

・このマーケティング戦略を思いついた人を昇給するべきだ。

・超ウケる!これからもPaylessで買い物し続けるわ!

・何年もPaylessで買い物をしているけど、しばしば人から「その靴どこで買ったの?」と聞かれるの。「Paylessよ」というと、みんなびっくりするわよ。

なおこの日、『Palessi』の靴を購入した人たちには靴はそのままプレゼントされ、お金は全額返金されたということです。

ブランド名や価格によって、人は簡単にその商品を価値のあるものだと思い込んでしまうという心理をついた『Payless』のキャンペーン。

世の中には価格と価値が見合うものもたくさんありますし、自分が好きなブランドであるならそれだけで価値があるといえるでしょう。

しかしブランド名がついているだけで同じ商品の値段が大きく違う場合、私たち消費者は賢く本質を見極める目を持っていたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Payless ShoeSourceWhy pay more when you can Payless?ADWEEK

Share Tweet LINE コメント

page
top