grape [グレイプ]

『ボヘミアン・ラプソディ』は何のことを歌った曲なのか?

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週土曜日朝8時放送 ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』より。

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

今回も、前回に引き続き、クイーンの特集をお送りします。今回は「この声、大好きリクエスト」にちなんで日本人を魅了したフレディ・マーキュリーの歌声と、名曲『ボヘミアン・ラプソディ』の“声”に秘められたストーリーをお届けします。

クイーンの曲が現在も聴き継がれ、新たに若いファンも生まれている理由……それは楽曲の良さと、フレディ・マーキュリーの圧倒的なボーカルにあります。フレディは飛び抜けて声域の幅が広く、上下4オクターブの声が出せました。

「フレディは、あれだけ声が出るわりには、のどがすごく弱くて、ライブの後で取材すると驚くほど声がガラガラだったり、『のどの調子が悪いから取材は明日にしてくれ』ということもありました。声の管理には人一倍気を遣っていましたね」と語るのは、日本の音楽誌でクイーンに最も多く密着取材を重ねた『ミュージック・ライフ』の元編集長・東郷かおる子さん。

スタジアム級の会場で、2時間近く声を張り上げて歌うプレッシャーは相当なもの。そんなフレディを演奏とコーラスで支えたのが、バックを務めるブライアン、ロジャー、ジョンの3人です。

「『ドント・ストップ・ミー・ナウ』のような、フレディの背中を押すようにせき立てるクイーン独特のコーラスは、化学反応というか、あの4人だからこそできたことですよ」

75年、初の来日公演を大成功のうちに終え、イギリスに帰国したクイーンは、郊外の農場に作られたスタジオにこもって、通算4枚目のアルバム『オペラ座の夜』のレコーディング準備を始めます。

このとき、スタジオへ取材に行った東郷さん。いま公開中の映画にもそのシーンが出て来ますが、東郷さんによると「あの農場はあんなに汚くなくて、すごくきれいな所でしたよ(笑)。映画ではレコーディングシーンになっていましたけれど、実際にはあそこはリハーサルのためだけに使っていたんです」

出典
ニッポン放送『ボヘミアン・ラプソディ』は何のことを歌った曲なのか?映画『ボヘミアン・ラプソディ』本編映像「Higher」Queen - Bohemian Rhapsody (Official Video)

Share Tweet LINE コメント

page
top