grape [グレイプ]

女性「子どもたちに毎朝、朝ごはんを作る!」区役所「そんな、アホな!」 その熱意が現実に

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

撮影:湯浅誠

内閣府の景気動向指数研究会は今月13日、『景気拡大の長さが、高度成長時代に4年9カ月続いた「いざなぎ景気」を上回り、戦後2番目になった』と発表しました。このニュースに「え? 何が?」「暮らし向きはちっとも楽にならないんだけど」と、首をかしげた方、多かったのではないでしょうか?

そしていま、裏社会で生きる少年たちを描いた話題の映画、入江悠監督の『ギャングース』には、こんなセリフが出て来ます。

『日本は今、絶賛・長期不況中、子供の相対的貧困率13.9%! およそ7人に1人の割合だ、めちゃくちゃ多いぞ。日本列島では224万人の子供が貧困状態、さらにひとり親家庭の貧困率は50.8%、マジで世界でもトップレベルだ!』

さて、内閣府の発表といまの映画のセリフ、あなたはどちらにうなずけますか?

朝ごはん給食が並ぶ様子(撮影:湯浅誠)

大阪市東淀川区の西淡路小学校では、2年前から毎週月・水・金の3日間、朝ごはん給食を実施しています。7時半に登校して来る子どもたちは、ほかほか湯気の立つ朝ごはんを、友だちと一緒に食べることができます。

大阪市の補助を受けているので、自己負担金は1食50円。本来なら、コンビニのあんぱん1個すら買えない値段です。

どうして、こんなことが可能なのか?
堀尾浩行校長に取材を申し込むと、「朝ごはんのことなら、私よりも表西弘子さんに聞いてください。朝ごはん給食を始めた人ですから」というお返事。堀尾校長の紹介で、表西さんに話をうかがうことができました。

朝ごはん給食の実施を始めた 表西弘子 さん(撮影:湯浅誠)

12年ほど前「朝ごはんを食べられない子が増えている」というニュースを目にして、保護司や民生委員をしている表西さんは思ったと言います。

(家庭崩壊が進んでる。どこかで朝ごはんを食べさせてあげればいいのになぁ)

とは思ったものの、そのときはまだまだ他人事だったと言います。ところが、あるキッカケから、その話はにわかに現実味を帯びて来ました。

西淡路小学校と淡路小学校の統合…。つまり、校舎がまるまる1つ空く! 閉校になった校舎を使って、朝ごはん給食を始められないか? 表西さんの胸に火が付きました。

出典
ニッポン放送「朝ごはん給食」の意義~社会や親を責めても“食べられない”子どもは減らない

Share Tweet LINE

page
top