grape [グレイプ]

創業450年の老舗店に皮肉な依頼 父とは全く逆の依頼を受けた若き店主が生み出した製品とは

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週土曜日朝8時放送 ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』より。

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょうは、450年続く糀の老舗を受け継ぎ、昔ながらの製法で作る、米粒の入った甘酒を復活させたご主人のグッとストーリーです。

「株式会社 糀屋」公式ホームページより

群馬県高崎市の、旧中山道沿いの角地に建つ老舗・糀屋(こおじや)。創業は永禄6年、西暦1563年。日本は当時、戦国時代でした。
糀屋は、糀を使って作る味噌・たまり漬けなどを販売。当主は代々「藤平(とうへい)」という名前を名乗り、450年以上にわたって高崎の地で商売を続けて来ました。

13年前、第22代の当主に就任したのが飯島藤平さん・62歳。先代の当主であるお父さんが亡くなったあと、役所に改名届を出して、跡を継ぎました。
「450年の歴史を受け継ぐ、覚悟の表れ、ということです」と言う藤平さん。

糀屋は代々、伝統を受け継ぎながらも世の中の変化に対応して、商売を続けて来ました。
22代・藤平さんも新商品を開発。その名も「糀屋藤平の甘酒」です。ビン入りのこの甘酒、ラベルには先々代が当主だった大正時代の糀屋の写真が印刷されています。

『糀屋藤平の甘酒(ストレートタイプ)』(「株式会社 糀屋」公式ホームページより)

米糀から、江戸時代より伝わる伝統の製法で造ったもので、お米の粒々が入った昔ながらの甘酒。健康志向の高まりから、地元のドラッグストアが「昔ながらの自然な製法で造られた、食感のいい粒々入りの甘酒を造れないだろうか?」と糀屋に依頼したことから、開発が始まりました。

しかしこれが、かなりの難題でした。粒々入りの甘酒は、加熱すると変色して風味が落ちてしまうため、滅菌が非常に難しく、賞味期限が短いものしか造れないのがネックでした。糀屋は異分野の技術を応用することで、滅菌しても風味が落ちない、粒々入り甘酒の開発に成功。
さらに100人以上を集めた試飲会を6回行い、3年かけて味と食感を追求して行きました。

「株式会社 糀屋」公式ホームページより

こうして完成した、粒々入りの「糀屋藤平の甘酒」。去年の2月から販売が始まり、「昔の甘酒が帰って来た」と評判も上々。新たなユーザーも開拓し、今後、製造本数を増やして行く予定です。

「老舗の伝統を守りながら新商品を出すというのはプレッシャーがかかりますが、そもそも粒々のない甘酒を開発したのも、うちの先代でしたから」と言う藤平さん。

父が苦心して生み出した甘酒とは全く逆の依頼。その時、藤平さんは…

出典
ニッポン放送「糀屋」450年の歴史と製法~昔ながらの甘酒を復活させた当主のストーリー

Share Tweet LINE コメント

page
top