grape [グレイプ]

「将来お風呂が苦手にならないように」ママ獣医師が考えた子猫のお風呂トレーニングが大成功

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【ペットと一緒に vol.125】

家族はどこ? 保護猫のためにママ獣医師が社会化トレーニング

感染症に打ち勝った、奇跡の保護猫のみきちゃんは、一時預かりをしている獣医師の箱崎加奈子さんのもとで生後6カ月になりました。今回は、キャットトレーニングにも取り組みながら新しい家族を探しているという加奈子さんと、美猫に成長したみきちゃんの近況を紹介します。

お見合い話がまとまらない

猫パルボウイルスに感染しても発症せず、ミルクボランティアで獣医師でもある加奈子さんのもとで奇跡のサバイバルを遂げた三毛猫みきちゃん。SNSにアップすると、お見合いの話がいくつか舞い込んだと言います。

「かなりの美猫ですからね(笑)。それから、甘えっ子な性格もとてもかわいいいですし。でも、なかなか結び付くご縁がなくて……」と、加奈子さんは肩を落とします。

パルボウイルスは発症すれば子猫や老猫ではほとんどが死に至る感染症です。みきちゃんの兄弟姉妹の4匹も発症して数日後に亡くなってしまいました。

筆者に抱っこされたまま、携帯ストラップにじゃれるみきちゃん

お見合いを申し込まれた家庭には、先住猫がいたそうです。飼い主さんから「うちの子はワクチン接種済みなのでパルボになることはありませんよね?」と加奈子さんは聞かれたそうですが、「絶対大丈夫とは言えません」と伝えたそうです。

「みきちゃんから、猫パルボウイルスがまだ排出されているかもしれません。原則的には混合ワクチンを打っている猫にはうつりませんが、絶対そうだとは言い切れない。だから、先住猫のいるご家庭ではなくみきちゃんだけを飼ってもらいたいんです」と、加奈子さんは言います。

猫パルボウイルスは犬にはうつらないので、先住犬のいるご家庭では心配は無用とのこと。
「うちにも、みきちゃんのおもちゃにされているシー・ズーのミーがいるので、むしろ先住犬がいるご家庭がいいかもしれませんね」(加奈子さん)

この頃のようにいまもミーちゃんと仲良く過ごしています

離乳間近の時期に加奈子さんのもとへやって来たみきちゃんでしたが、生後半年を過ぎてすっかり行動範囲も広がり、いまでは10歳のミーちゃんがおっとりとした動きでフードボウルに向かって行くと、背後からみきちゃんが高速で追い抜いてミーちゃんのごはんを横取りしてしまうのだとか。

「あ~あ、またミーちゃん取られてるー! って、娘と2人で大笑いしています。みきちゃん、かなりの食いしん坊ですよ(笑)」とのこと。

将来お風呂が苦手にならないように

出典
ニッポン放送家族はどこ? 保護猫のためにママ獣医師が社会化トレーニング

Share Tweet LINE コメント

page
top