grape [グレイプ]

妊婦「私、サイコロステーキ」夫「850円かぁ、ダメだ」 その様子を見ていた店主、翌日驚きの行動に

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

あさぼらけを長く聴いてくださっている方のなかには、2016年9月21日、このコーナーでご紹介した上板橋の居酒屋『花門(かもん)』をご記憶の方がいらっしゃると思います。

「花」の「門」と書いて『花門』。この古風なネーミングにもかかわらず、ご主人はイラン人のコルドバッチェ・マンスールさん、54歳。この店を有名にしたのは、およそ50種類の料理が全品400円という安さ。そして誰もが「エエ~ッ!」と目を丸くするボリュームのものすごさでした。

居酒屋『花門』を経営するコルドバッチェ・マンスールさん(2016年9月当時の写真より)

エビフライもチャーハンもハムエッグもサラダも、これでもか! これでもか! の上にもう1つ、これでもか! と盛り上げた料理が出て来ます。

マンスールさんが料理をこんなふうに超デカ盛りで出すようになったのは、1994年に開店して2年目、ランチタイムに立ち寄った若い夫婦の会話がキッカケでした。奥さんのお腹は大きく膨らみ、間もなく臨月の様子。お腹が空くのでしょう。壁のメニューをながめながら、彼女が言いました。

「あたし、サイコロステーキがいい」「850円かぁ、高いな~、ダメだ」と、若い夫。「そうね、じゃあ何にしようかなぁ」というやり取りの後、2人は380円の焼きそばを注文しました。マンスールさんは、黙って焼きそばを2つ焼きました。

その夜、マンスールさんはなかなか寝付けませんでした。繰り返し、あの若夫婦の会話がよみがえって来たのだと言います。

(彼女は、お腹の赤ちゃんのために栄養をつけたかったのだろう。でも僕に何ができた? 僕は、どうすれば良かったんだろう?)

そのとき、パッと頭にひらめいたのが、奇想天外のアイディアでした。
「そうだ! メニューを全部、380円にしてしまえばいいんだ!」

「お客さんを驚かせたい」と、特盛にされた料理の数々!(2016年9月当時の写真より)

まだ、消費税が3%だった時代の話。次の日から『花門』のメニューは、全品380円に書き換えられました。お客様がそのメニューにビックリすると、マンスールさんのサービス精神はさらにエスカレート! もっと驚かせたいと、料理の量もサイズも巨大化して行ったのです。

今回、『花門』のお話にふたたび触れたのは、マンスールさんに「芸術家」というもう1つの顔があることをご紹介したかったからです。

出典
ニッポン放送居酒屋『花門』の店主再び!~芸術家としても人々を笑顔にする多才さ

Share Tweet LINE コメント

page
top