grape [グレイプ]

「豚骨ではなく猪の骨で」猟師が作る猪骨ラーメン 彼の前職を聞いて驚く

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

亥年ですが、猪を食べたことはありますか?
その旨さに魅せられた人がいます。吉井涼(りょう)さん、37歳。東京・丸の内のオフィスで働いていた吉井さんが脱サラして、愛媛県今治市に移住したのは2015年のこと……大きな転機となったのは、東日本大震災でした。

「いま思えば恥ずかしい話なのですが、私はあの大震災に遭遇するまで、食べ物はお金さえ払えばどこでも手に入ると信じていました。近くのスーパーの棚からほとんどの食料品が消えたとき、自分が食べる物くらいは、ある程度、自力で何とかしないと……。そう思ったんです」

野菜は何とか作れそう……魚は昔よく釣りに行っていた……では肉はどうしよう? そのときに生まれた選択肢の1つが、野生動物を獲って食べる「狩猟」でした。

狩猟免許を取得し、猟師の道へ進んだ吉井さん

吉井さんは狩猟免許を取得後、猟銃を購入……いざ猟師の道へ!
ところが関東圏で捕獲される猪や鹿は、残留放射能の関係で、当時、ほとんど食べられないことが分かりました。そこで、住み慣れた東京を離れて、移住を決意します。

「妻に相談すると、やっぱり最初は反対されましたね。でも、最終的には『面白そうね!』と言ってくれました」

「暖かい島で、誰か狩猟について教えてもらえる所がいい」と、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ海道」……その瀬戸内海に浮かぶ「大三島」を移住先に選びます。

狩猟のときは「命を頂く」ことを心がけていると言う

吉井さんは、地元の団体「しまなみイノシシ活用隊」に入り、狩猟に関していろいろと教えてもらえることになりました。

初めて猪をズドン! と撃った日のことは、忘れはしません。「くくり罠」にかかって暴れまわる猪、その頭を猟銃で狙います。大型の動物を初めて殺す緊張のあまり、弾が外れ、2発目でどうにか仕留めることができました。

イノシシを捕まえるための「くくり罠」

「いままで何十頭も猪を仕留めて来ましたが、心がけていることは、苦しませずにとどめを刺す……そして命を『奪う』のではなく『頂く』、そう思うようにしています」

使い道がなく、捨てられていた猪の骨…。

出典
ニッポン放送命を奪うのではなく“頂く”~『猪骨ラーメン』で猪をいただける店

Share Tweet LINE

page
top