grape [グレイプ]

「一生この子を触れなくてもいい」そう言いながら子猫を引き取った飼い主 それから8か月後…

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

【ペットと一緒に vol.126】

気づけば猫のミルクボランティア 旅先で拾った猫が人生を変えた!

たまたま拾った子猫がきっかけで、保護猫の現状を知った西村いづみさん。その後目にした、フェイスブックのミルクボランティア募集の投稿への応募を機に、子猫をとおして多くの人とのかかわりが増えて人生が豊かになったとか。

今回は、つい2年前までは違う世界にいたと語る、西村さんのストーリーを紹介します。

キャンプ場で拾った猫がきっかけで

西村さんは2年ほど前、一家で訪れたキャンプ場でたまたま子猫を1匹見つけたそうです。

「週末だったのですが、キャンプ場のスタッフがつかまえて週明けに保健所に連れて行くと言うので、思わず『私たちが連れて帰ります』と言っていました。もしかすると殺処分になるかもしれないと思って……」と、西村さんは当時を振り返ります。

西村さんが昨年育てた子猫たち

連れ帰った子猫は体重が500gほど。母猫とはぐれたのか衰弱していて、西村さんの尽力も実らず10日後に死んでしまったと言います。

「悲しかったです。と同時に、その経験がもとで、インターネットで捨て猫や野良猫の現状を調べまくりました。そのとき愛護団体のブログなどを初めて読み、殺処分のほとんどが子猫であることや、全国にはたくさんの保護猫がいることを知ったんです」(西村さん)

1匹でも保護猫をしあわせにできればとの思いで、西村さんは愛護団体から猫を1匹引き取りました。

「名前はナギです。男の子ですが、家族はナギちゃんって呼んでいます。そのナギちゃんが1匹だと寂しいかと思って、愛護団体のブログやフェイスブックをチェックしていたところ、子猫のミルクボランティアを募集していることを知りました」

すぐに、ミルクボランティアになると名乗りをあげた西村さん。子猫を拾ってから半年後に、新たな生活がスタートすることになったのです。

ナギくん(右)と2匹目の愛猫モフくん(左)

子猫をとおして近所付き合いも増えた!

自宅の1階をレンタルスペースにして在宅ワークをしている西村さんにとって、子猫に3~4時間ごとに授乳するのはそれほどむずかしくはありません。

「小学生と中学生の子供たちも、あっという間にミルクの作り方から授乳法までを覚えました。まだ目も開かない子猫たちの排泄のお世話もバッチリです。子供の友人たちが、子猫にミルクをあげてくれたりもするんですよ」と、西村さんは微笑みます。

「一生この子を触れなくてもいいから引き取りたい」

出典
ニッポン放送気づけば猫のミルクボランティア 旅先で拾った猫が人生を変えた!

Share Tweet LINE

page
top