grape [グレイプ]

カンニング竹山、マネージャーに“ある芸人”の「下位互換」と告げられる

By - E-TALENTBANK  作成:  更新:

Share Tweet LINE

(c)E-TALENTBANK

10日、テレビ朝日系『アメトーーク!』にカンニング竹山とそのマネージャーが出演した。

番組では『マネージャーと二人三脚芸人』と題して芸人とそのマネージャーが出演。竹山を担当して18年で、親友的存在だというマネージャーは竹山について「(お笑いの他に)役者もやったりとか、今だとコメンテーターやったりとか、たまには報道もやらさせてもらったりとか」「結構色んなジャンルやらさせていただいてるんですけども、全部に60点出せるんです」と評価した。

続けて「ハライチの澤部さんが、本当に竹山の上位互換だと思ってて」とハライチ・澤部佑の名前をあげ、「澤部さんは何でも80点取る人なんですよ」「(竹山は)澤部さんの下位互換だと思ってるんですね」と語った。

これに出演者は「厳しいな」と声をあげ、千鳥・大悟が「たまには取るんでしょ?80、100(点)も…」と聞くと「いや、取れないんですよ」と即答。竹山は「澤部の方が全然いいじゃん!」とつっこみ、スタジオは笑いに包まれた。

竹山は以前別番組に出演し、自身の嫁と和田アキ子と旅行に行った際に和田から「お前ら夫婦にも本当にこうやって世話になった」と、感謝の気持ちだという「結構な大金」を渡されたと話し、断ったところ「何生意気なこと言うとんねん!先輩が金渡すんやろ!なんでもらわへんねん!」と和田に”ガチギレ”されたと語っていた。

logo_e-talentbank

E-TALENTBANK

インターネット・音楽に特化したマーケティング・プロモーション企画・コンサルティングを中心とした株式会社イータレントバンクのウェブサイト。
 ⇒https://e-talentbank.co.jp/

出典
カンニング竹山、マネージャーに“ある芸人”の「下位互換」と告げられる

Share Tweet LINE

page
top