grape [グレイプ]

『ボヘミアン・ラプソディ』の舞台裏を公開! 貴重なWブライアンの共演がこちら

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※第76回ゴールデングローブ賞でのブライアン・メイ氏

世界中で大ヒットを記録している、バンド『QUEEN(以下、クイーン)』のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』。

国内での興行収入が94億円を突破し、2018年に公開された作品の興行収入ランキングでは第1位を獲得しました。

ブライアン・シンガー監督が自身のInstagramに投稿した、映画の舞台裏を明かす映像が反響を呼んでいます。

ブライアン・メイのギターソロ演奏

話題となっているのは、映画の撮影中に関係者たちの間で起きた貴重なやり取りです。

映画でブライアン・メイ役を演じた俳優のグウィリム・リーさんの前で、ブライアン・メイさん本人がギターを演奏しています!

ネット上では、夢のような共演に「素晴らしい!」「なんて豪華なシチュエーションなんだ」といったコメントが殺到しました。

さらりと弾きこなすブライアン・メイさんの姿にしびれますね。ファンにとっては嬉しい、貴重な映像でした!

grapeでは、ほかにも映画『ボヘミアン・ラプソディ』の舞台裏に関する記事を公開しています。興味のある人は、こちらの記事も読んでみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

出典
bryanjaysinger

Share Tweet LINE

page
top