grape [グレイプ]

15年ぶりに新しい3桁の電話番号が追加!緊急度の高いその使い道は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2015年7月1日より、全国共通の児童相談所の電話番号が「189」に変更になります。この番号は、「いちはやく」相談してほしいという語呂合わせと、今までの10桁番号よりも覚えやすいものとして採用されました。

「189」に電話をすることで、最寄りの児童相談所の窓口にかかり、専門家に相談することができるそうです。

今までも3桁の番号(110番や117番など)はありますが、新しい3桁の番号が割り当てられたのは、実に15年ぶりとなります。

増加する相談件数

2013年度の全国の児童相談所への相談件数は、73,802件。03年度の26,569件と比べると10年ほどで、2.8倍ほどの増加となっています。

こういった相談件数の増加をかんがみると、覚えやすくかけやすい今回の番号変更は、大きな意味を持ちそうです。

また、番号の変更に伴い、増加するとみられる相談に対応するため、様々な対策が立てられているようです。

14747_01

厚生労働省では、番号変更に伴い増加するとみられる相談に対応するため、人件費として今年度から最大で1千万円ほど倍増させました。

東京都の対策は、中核の時間帯に臨時職員配置し、夜間は専門の相談員が対応するとのこと。

千葉市では、1週間ほど電話対応の職員を増員する予定。今後の状況を見極め、体制を見直していく方針です。

しかし、職員数が足りていない現状を考えると、しっかりとした対応がとれるのか懸念点は残っているようです。

とはいえ、24時間いつでも相談・通報できることで、助かる子どもが増えるかもしれない。子育てに思い悩む親を救うことができるかもしれない。

そう考えると今回の「189」という番号は、「110」のように頭の片隅にとどめておいた方がいい番号かもしれませんね。

出典
児童相談所全国共通ダイヤル、7月1日から「189」に

Share Tweet LINE コメント

page
top