grape [グレイプ]

「HB」の鉛筆が消える?今、子供たちの主流は「2B」に!その理由とは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

子どもの頃使っていた鉛筆やシャーペンの芯といえば「HB」が主流だった、という読者の方のほうが多いのでは。それが、この20年ほどの間にシェアは「HB」から「2B」へと移り変わって、「HB」は消えて行く運命にあるというのです。

14733_01

現在、鉛筆のシェアの大部分は「三菱鉛筆」と「トンボ鉛筆」の2社が占めています。トンボ鉛筆によると、1999年と2014年で比較した場合、HBは44%から31%に下がり、2Bは22%から37%に増えました。一方三菱鉛筆の場合は1994年と2014年で比較した場合、HBは5割から2割に減り、2Bは2割から4割に増えているので、ほぼ同じ傾向がみられます。

鉛筆の記号の意味とは?

HBや2Bといった鉛筆の記号は「芯の硬さ」を表しています。

JIS規格における鉛筆の規格は、芯が柔らかいものから順に6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9Hという17種類。

三菱鉛筆では、このJIS規格とは別に、10Hから10Bまで22種類の独自の規格があります。

Bは「ブラック=黒い」で、Hは「ハード=硬い」、中心に位置するFは「ファーム=しっかりした」という意味があります。そして、「HB」はちょうど中間の濃さと硬さとして作られたものです。

HBから2Bへ、その原因は?

なぜ、鉛筆の主流はHBから2Bへと変わったのか?その理由のひとつとして、入学時、生徒に鉛筆を「2BもしくはB」と指定する小学校が増えているということがあります。

というのも「児童の筆圧が下がっていて、字を丁寧に書く子が増えている」からだそうです。実際、三菱鉛筆が実施したアンケート結果によると、感触として濃く書ける鉛筆の方が評価が高いそうです。今どきの子どもたちにとってはHBよりも2Bの方が使いやすいと受け止められているんですね。

14733_02

教育現場が中心になったことも理由のひとつ

主役がHBから2Bに交代したもう一つの理由としては、銀行や役所、オフィスなどで使う機会が減ったこともあるようです。事務用品としての用途が減り、教育現場での用途が中心となったために、HBから2Bへ移行した、という経緯もあるようです。

子ども時代にHBに慣れ親しんだ世代にとってちょっと寂しい気もしますが、これも時代の流れに適応した結果ということなのでしょうね。

出典
三菱鉛筆株式会社株式会社トンボ鉛筆

Share Tweet LINE コメント

page
top