grape [グレイプ]

「これが79歳の太もも!?」競歩全日本10連覇! 『超人』と呼ばれるおじいちゃん

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週土曜日朝8時放送 ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』より。

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょうは79歳で、全日本マスターズ陸上選手権・10連覇を達成。周りから「超人」と呼ばれている競歩選手のグッとストーリーです。

「全日本マスターズ陸上選手権」で10連覇を果たした 米澤清彦 さん

陸上競技のなかで「最も過酷な競技」と呼ばれている「競歩」。ただトラックを歩いているだけに見えて、実は歩き方に厳しいルールがあり、両足が地面から離れるなど、少しでも「走った」と見なされると反則を取られます。違反が3回重なると失格。厳格な審判の目が光るなか、走らずに「速く歩く」には、人並み外れた体力と精神力が要求されるのです。

その過酷な「競歩」を、59歳になってから始め、シニア世代が参加する「全日本マスターズ陸上選手権」で前人未踏の10連覇を達成した選手がいます。千葉県船橋市に住む、米澤清彦さん・79歳。……人呼んで「超人」

中学・高校時代は水泳部に所属していましたが、ずっと補欠だった米澤さん。大会にも出られず、プールの掃除や選手たちのケアなど雑用がほとんどで、競技をする楽しさは味わえませんでした。

社会人になってから、地元・船橋のスイミングクラブに入会。趣味で水泳を続けていましたが、定年を間近に控えた59歳のとき、コーチの何気ない一言で、米澤さんの人生は大きく変わりました。

「米澤さん、あなた陸上やったらどう? 競歩なんか向いてるんじゃないの?」

米澤さんが、強靱なスタミナや持久力を持っていることを見抜いたコーチによる、突然の提案。この言葉に、米澤さんは背中を押されました。

「『ああ、他人のほうがむしろ、自分のことをよく見ているんだな』と思いましたね。『よし、定年前に新しいことをやってみよう!』と決意したんです」

64歳で初めて大会に、69歳で初優勝、それから10年…

出典
ニッポン放送前人未踏の10連覇! 競歩大会で「超人」と呼ばれる79歳男性のストーリー

Share Tweet LINE コメント

page
top