grape [グレイプ]

「社会保障を立て直す国民会議」野田氏代表就任~野党再編へ1歩進む 

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月24日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。野田前総理が衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の代表に就任したことについて解説した。

衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」野田新代表活動本格化

衆院会派・社会保障を立て直す国民会議の代表に就任した野田佳彦前総理は昨日、国会内で各党へのあいさつ回りを行い、国民民主党の玉木雄一郎代表らに対し「安倍政権に引導を渡す。いろんなものを乗り越えて是非みんなで協力しなければならない」と、野党連携への必要性を強調した。

飯田)もともとは無所属の会と言っていた人たち。岡田克也さんらは立憲民主党に行きましたが、残った人が集まったという感じでしょうか?

鈴木)残ったというより、無所属の会のなかにも方向性が同じ人たちがふたつに分かれて行ったという感じでしょう。野田さんが立憲に行っていたら、これはかなりインパクトが大きくなっていた。野党再編が一気に進む、1つの指標となりえたはずでした。だけど基本的には政策的な問題、例えばネーミングも『社会保障を立て直す国民会議』というものですが、野田さんといえば消費税を上げる際の3党合意をやったときの総理大臣でした。つまり消費税は福祉に使う、社会保障に使うのだということで3党合意をまとめた人です。消費税に対してそういう思いを持っている。消費税と社会保障の一体改革。会派名の社会保障を立て直すというのはそういう意味です。立憲民主党は消費税反対。そういうことがあるのでまだ一緒になれない。いまの状態は当然の枠組みになって行ったという感じがします。

飯田)一方で国民民主党とは近いと思って、玉木代表に対しては「安倍政権に引導を渡す」云々ということを言っていますが、その玉木さんは小沢一郎さんのところにつく。すると小沢さんと野田さんというと、なかなかここも相容れないと思われますが。

野田氏と小沢氏も野党共闘のために合流か

鈴木)実は野田さんと小沢さんで話もしています。もちろん昨日きょうの話ではありません。だから野田さんとしても野党を1つにというところでは、小沢さんと方向性は合っている。細かい政策となるとまた違うものもありますが。
それから小沢さんが消費税は絶対にやらないと言って、民主党が割れ、その結果、民主党から政権から落ちました。そのときの総理が野田さんですから、当時の小沢さんの行動は絶対に許せないということが根っこにはあるでしょう。でもそんなことをいつまでも根に持っていてもということで、野党がひとつになるためにと、野田さんのなかでもバランスはとっていると思います。

小沢さんのやり方としては、本当は1つになるためには立憲民主がリードしてやらなければならない。それを一生懸命に言って来てはいるのだけれども、立憲が独自路線に行っている。それだったら反対を行く国民民主との塊を作って、そのあとで立憲に協調しあおうと迫って行く。その手順、シナリオを変更して接触して来ているのです。

ところが国民民主のなかでも小沢さんと一緒になることで大丈夫か? 何か考えているんじゃないのかと疑心暗鬼になって上手く行かなかったけれども、今年は参議院議員選挙がある。ここで野党が存在感を見せることができなければ、野党の存続にも関わって来ます。そういうことで、そんなに時間をかけられないと、1歩ずつ動きだした。その1つが国民民主党と自由党の小沢さんとの合流だと思います。

ただ心配する声もあって、玉木さんは最近割と前のめりになって、「行くぞ!」という感じになったことが先に報道されてしまって、いやいや…とできなくなって、ということが過去にもありましたから、今回も自由党との合流で玉木さんのリーダーシップをガーンと示せるのか、そこも1つのポイントになっています。ただ、どちらにしても1歩前に進んだという感じです。野党再編に向けてまだ道のりは長いですよ。いろいろな問題が起きて来ると思いますから。

野田佳彦 野田前総理 消費税 3党合意 社会保障を立て直す国民会議 代表就任 小沢一郎

統一地方選挙と参院選はすみわけ

飯田)結局、立憲民主党がどう動くかが焦点として報道されていますが、立憲民主党の代表・枝野さん自身はゴールデンウィークくらいにやれたらいいのではないかという、けっこう長いスパンで考えている。

鈴木)あけに行っている。

飯田)そうなると統一地方選挙はバラバラでやるのかという話になるのでしょうか? それとも統一地方選挙で戦った組織が、そのまま参院選で実働部隊になると考えるとどうなのか…。

鈴木)ただ、統一地方選挙は中選挙区です。だから実はあまり関係ない

飯田)ある程度、すみわけができちゃう?

鈴木)そういうこと! 首長選挙の場合は、1人を選ぶわけですから。でも地方では与野党相乗りということがよくある。だから直結はしないという考え方を立憲の幹部は持っているみたいです。「それはそれ、これはこれ」と。

飯田)だからゴールデンウィーク明けまでにと。

鈴木)2016年の成功体験がそうなのです。ゴールデンウィーク明けに1人区が決まって、それであそこまで戦えました。だから時間はあると思っているのでしょう。ただし、5月には改元があります。選挙ムードとは違うモードが世の中に流れていると、その盛り上がりを選挙1本に絞っていけるかという問題があります。ですから準備は早いに越したことはないと思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送「社会保障を立て直す国民会議」野田氏代表就任~野党再編へ1歩進む 

Share Tweet LINE コメント

page
top