grape [グレイプ]

大切なクラブを盗まれたゴルフ選手 翌日、泥棒が目を真っ赤にしながら返しに来た理由

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※ 写真はイメージ

偉人の歴史に残る場面での名言を取り上げる 「高嶋ひでたけと里崎智也サタデーバッテリートーク」の“名言名場面プレイバック”。1月19日放送では、超一流プロゴルファーたちの名言を紹介した。

まずは、“世界のAOKI”、青木功選手。こんな名言を残しています。

「アンタ方が知らんだけでね。オレだって有名なんだよ」(青木功)

この意外と知られていない発言は、いまから39年前の1980年、「バルタスロールの死闘」と呼ばれた全米オープンの記者会見で飛び出した言葉です。この胸のすくような名言が発せられるまでの経緯を振り返りましょう。

青木さんは、初日から「帝王」ジャック・ニクラウスと激しいトップ争いを演じまして、3日目終了時点で、ついに6アンダーのトップタイに並びました。当時のニクラウスは自他ともに認める世界一のゴルファー。かたや青木さんは、日本では活躍していたものの、アメリカでは全く無名の存在でした。そして迎えた、最終日スタート直前の記者会見。アメリカの記者が「かなりの上から目線」で、青木さんにこう質問したのです。

「アナタはスゴイですね。あの有名なニクラウスと闘えて、さぞ嬉しいでしょう?」

すると青木功… ニコリともせず、こう答えたのです。

「アンタ方が知らんだけでね。オレだって有名なんだよ」

さすが世界のAOKI。これくらいの気概がないと、とても世界とは渡り合えません。実際、この最終日でも、青木さんは全く気後れすることなくニクラウスと渡り合いました。惜しくも惜敗しましたが、最終日の18ホール、最後の1打まで勝負がもつれこむほど、文字通りの「大死闘」でした。

※ 写真はイメージ

続いては、青木さんと死闘を演じた「帝王」ジャック・ニクラウスの名言です。ニクラウスは、ゴルフ道具を大切に扱う選手としてつとに有名でした。特に愛用していたのが「George Low Wizard 600 Sportsman」、通称「ジャックのスポーツマン」と呼ばれた愛用のパター。ニクラウスはメジャーで通算18勝をマークしていますが、そのうちの16勝は、この「スポーツマン」が使われていた… それだけ、名器中の名器でした。

もちろん、青木さんとの「バルタスロールの死闘」で用いられたのも「スポーツマン」です。さて、1977年、全盛期にあったニクラウスが来日したときのこと。某名門ゴルフ場で、なんとなんと…この「ジャックのスポーツマン」が何者かに盗まれるという事件が発生! ニクラウスを招いた主催者はもちろんのこと、スポーツ記者たちも、上を下への大騒ぎ。
「ニクラウスのパターが盗難に遭った」というニュースはすぐさま世界中に打電されました。

さぁ、このとき… 苦楽を共にしてきた愛用のパターが盗まれたニクラウスは、何と言ったか?

私が失ったのは、パターだけだが…

出典
ニッポン放送「アンタ方が知らんだけでね。オレだって有名なんだよ」~1980年の全米オープンでの青木功の名言

Share Tweet LINE

page
top