grape [グレイプ]

「そちらに行ってもわからないと思うが」 幼いころ、母を亡くした男性の思い

By - 産経新聞  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※ 写真はイメージ

産経新聞朝刊に毎日連載されている『朝の詩(うた)』。

子どもからお年寄りまで幅広い世代の様々な詩をご紹介しています。


13歳の時に、お母さんが旅立ってしまった男性。

男性は、いつかお母さんと再会することに思いをはせます。

母さん

俺が13歳の時母が旅立ち もう54年

俺母さんの顔今でも覚えているが母さんは覚えているかな?

今の俺は頭の毛も薄く成り かなり年を取りました

昔の面影は有りません

そちらへ行ってもわからないと思います

俺が母さんさがします

大阪府 67歳

産経新聞 2017年10月24日 ーより

「お母さんは、54年間きっと見守り続けていたはず…」。

そう思わずにはいられない、素敵な詩でした。


[提供/産経新聞 ・ 構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top