grape [グレイプ]

「眠り」に浄化のシステムが!良い睡眠をとらないと脳内は老廃物だらけに?!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:TED

砂糖が脳のエネルギーになるという説はよく聞くところですが、そのエネルギーを使った後、脳の老廃物がどのように排出されるかは一般的になっていませんでした。

睡眠の大切さを、神経科学者のジェフ・イリフ氏が科学的に説明するスピーチをご紹介します。

老廃物を排出するリンパ組織

リンパ組織は、細胞の間から老廃物を集めて血液に排出するネットワークです。

体中に張り巡らされていますが、下の図を見ると脳にはリンパ管がありません。脳が活発に活動をした後、老廃物はどのように排出されるのでしょう?

13651_01

出典:TED

脳独特の老廃物排除のシステム

ジェフ・イリフ氏ら研究チームは、完全に脳特有ともいえる処理法を発見しました。「睡眠中」に脳が老廃物の処理をしていることを突き止めたのです。

脳は無色透明の脳脊髄液という液で満たされていて、老廃物を吸収して血液中に排出しています。老廃物はいつでもこの脳脊髄液に染み出すというわけではなく、眠っている時にだけ行われます。

睡眠の質を維持する大切さ

眠ることによって行われる脳の老廃物を排除するシステムは、健康に大きく影響します。

脳内の老廃物のひとつに、アミロイドベーターというタンパク質があります。アルツハイマー病患者の脳にはアミロイドベーターが蓄積しています。睡眠の質とアルツハイマーの関係は検証されたわけではありませんが、睡眠中の脳ではミロイドベーターの排除が速く行われることが分かっています。

13651_02

人生のなかでは、睡眠時間を削って何かを頑張ることも、時として必要かもしれません。でも、良い仕事を健康的にこなすためにも、睡眠の質が大切さだと改めて感じさせられる研究結果です。

PCではジェフ・イリフ氏のスピーチを日本語字幕付きで見ることができます。

出典
よく眠る事が大切なもう一つの理由

Share Tweet LINE コメント

page
top