grape [グレイプ]

”世界王者”ウィルチェアーラグビー日本代表の新星 橋本勝也インタビュー

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送アナウンサーの新行市佳が、注目選手や大会の取材などを通して、パラスポーツの魅力をあなたと一緒に発見するための連載企画「パラスポヒーロー列伝」。今回は、昨年世界選手権で金メダルに輝いた「ウィルチェアーラグビー」日本代表の最年少、現役高校生・橋本勝也(はしもと・かつや)選手のインタビューをお届けします。

先日1月22日~27日にかけて、今年初のウィルチェアーラグビー日本代表の強化合宿がお台場の日本財団パラアリーナで行われました。

強化合宿に集合した代表メンバー

この合宿に招集された19人のメンバーの中では最年少、現役高校生の橋本勝也選手にお話を伺いました。橋本選手はウィルチェアーラグビーを始めて約1年半で去年日本代表に選ばれ、8月には世界選手権にも出場しました。

橋本 勝也 選手

橋本選手「自分としてはキーオフェンス(キーエリア内でのオフェンス)に苦手意識があって、その自信のなさがプレーに出ることが課題なので、メンタルを強くしたいです。
練習でも試合でも自分のミスでターンオーバーが起きた時、切り替えて次のプレーができるかが大切で、“ミスしちゃった!”と思うことはコンマ何秒であってももったいないんですよね。
その瞬間にやるべきことをしっかり全うしないと成長できませんし、そういうことができるのが世界で活躍している池崎大輔(いけざき・だいすけ)選手や池透暢(いけ・ゆきのぶ)選手だと思うので、見習っていかなくてはいけないと感じています。」

強化合宿の練習風景

自分自身を見つめるため、練習で出た課題や良かった点、筋トレの反省、ケビン・オアーHCやチームメイトからのアドバイスなどをこまめにノートに書きこんでいるそうです。
「自分はすぐに言われたことを吸収できるタイプではないので、書いて、振り返って、試合前にまた見てという繰り返しが必要だと思います。」

高校生活と選手生活の両立については、
「難しいと感じることもありますが、卓球の張本智和選手や木原美悠選手、他の競技にも若手選手はいて、文武両道していると思うので、同じ選手としてちゃんとしなくてはいけないと感じています。同世代の他のアスリートの活躍を見ると勇気をもらうし、自分も頑張ろうと思えます。」

今がまさに選手としての成長期真っただ中。
「もっともっと!」「まだまだできる!」貪欲な向上心が垣間見えたインタビューでした。

【新行市佳のパラスポヒーロー列伝 第9回】

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送”世界王者”ウィルチェアーラグビー日本代表の新星 橋本勝也インタビュー

Share Tweet LINE コメント

page
top