grape [グレイプ]

成田空港運用時間を0時まで延長~そこからどうやって移動するのか?

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月5日放送)にジャーナリストの有本香が出演。成田空港の運用時間延長について解説した。

成田空港運用延長~10月末から午前0時まで

成田空港の運用時間を今年10月末から1時間延長し、午前0時までとすることで国土交通省と空港周辺の自治体などが合意した。運用時間が延長されるのは1978年の開港以来初めてのことで、来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に空港の機能を強化する狙い。

飯田)きょう6時台は森田健作千葉県知事のインタビューをお聴き頂いたのですが、空港の話も引き合いに出して「どんどん便利になりますからね」とおっしゃっていました。このニュースが出る1週間くらい前にインタビューしたのですが、もうかなり突っ込んだところまで決まっていたのでしょうね。

有本)そうだと思います。隔世の感があるのですが、午前0時まで動かすのなら私たちの若かりし日々を返してよ、という感じです。良いことなのですが、羽田を活用したことで逆に事態が変わったわけですね。

飯田)成田もヤバい、と思ったのですね。

有本)成田闘争というものをずっと引きずっていたから、成田空港は制約の大きい空港だったのですよね。それがいまは変わらざるを得なくなったということでしょう。ただ、疑問が湧くのは午前0時まで動かしてみんな空港に着いたとして、その後どうやって東京やいろいろなところへ帰るのでしょう?

飯田)電車はその時間もう動くかどうか。

有本)バスも動いていないですよね。動かすのでしょうか。

飯田)動かすように働きかけるのかどうなのか……。

有本)空港自体には滞留できないですからね。

飯田)LCCターミナルのところだけかな、という感じですよね。ちょっと仮眠エリアみたいなものを作っていますけれど、けっこう体が痛いですよね。

有本)空港周りにホテルはありますが、その辺をどうするかという疑問があります。あとはLCCに関して期待が高まっています。東京の場合は羽田に国際線が発着していますから、成田はある程度LCCに力を入れて行くということで良いのでしょうが、いまLCCにも問題が散見されるようになっていますよね。これからこの問題は問われると思っていて、オリンピックなどの大きなイベントには世界中から多くの人が来るので、普通のときではないと考えるのですが、これから2,000万人以上の観光客が来るのは当たり前になるでしょう。今後どこからどういう人たちに来て貰うのか、そのためにどういうアクセスを整備する必要があるかを考えないといけない。いままでは数を増やすことありきのインバウンド政策でしたが、もっと戦略性を持ってやる必要があると思います。

日本への観光客の質を高めるためには

飯田)折しもきょうが中華圏の旧正月です。最近は1人辺りの落す額も横ばいになって来ていますよね。中国人観光客に限らずですが、質の部分という問題です。

有本)昔みたいに中国人の観光客が銀座辺りで高い物を爆買いしている、という印象は無くなりましたね。落ち着いて来たとも言えるのですが、ビザを周辺国にどんどん解禁していけば人の数は増えるわけですよ。それで良いのかということを見直して行く必要があるし、そんな虫の良いことはなかなか思ってもできないけれど、質の良いお客さんを世界と競争しながら、どうやって日本に取り込んでいくかを考えなければいけません。そのためにアクセスというものはどうあるべきなのか、ということも必要です。もちろん我々にとっての利便性ということもあります。

飯田)タクシー運転手の方に聞くと、「LCCが着いて夜中に羽田まで迎えに行っても、誰も出て来ないのですよ。みんな空港で夜明かししちゃう」と言っていました。そうすると日本の経済に与える寄与率は下がってしまうのでしょうね。成田もそうなってはいけません。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送成田空港運用時間を0時まで延長~そこからどうやって移動するのか?

Share Tweet LINE

page
top