grape [グレイプ]

「アメリカで一番嫌いなものは」失礼な質問にジョン・レノンはこう答えた

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

偉人の歴史に残る場面での名言を取り上げる 「高嶋ひでたけと里崎智也サタデーバッテリートーク」の“名言名場面プレイバック”。2月2日放送ではザ・ビートルズのメンバーの名言を中心に紹介した

まずは、ジョン・レノン。
ビートルズは、母国イギリスで衝撃のデビューを果たしたあと、颯爽とアメリカに乗り込むのですが、このときの空港での記者会見は、いまも語り草です。

記者  「ヘイ、ジョン! あいさつ代わりに1曲歌ってくれませんか?」
ジョン 「まず、金が先だ」

記者  「この広いアメリカで、行きたい所といえばどこですか?」
ジョン 「ハーレムだな」

記者  「自由の国・アメリカから、持って帰りたいものはありますか?」
ジョン 「ロックフェラー財団」

… さすがに憮然とした記者。こんなイジワルな質問をぶつけます。

記者  「今後、もしも君たちの人気が落ちたら、どうしますか?」
ジョン 「稼いだ金を数えるね」

… もう、「とりつく島もない」というか、「天衣無縫」というか。初めてのアメリカなのに、マスコミにコビを売るそぶりなぞ、微塵もありません。このジョン・レノンの、ある意味痛快とも映る態度は、このあとも続きます。

ニューヨークのシェア・スタジアムでのコンサートを終えて、クタクタに疲れ切ったジョン・レノンに、記者が質問をブツけました。

記者  「ヘイ、ジョン! プライベートでは、アメリカとイギリス、どちらが好きですか?」
ジョン 「見りゃわかるだろ? オレたちにプライベートなんてないんだよ!」

記者  「では、質問を変えます。アメリカで一番嫌いなものはなんですか?」
ジョン 「お前だよ!」

一事が万事、この調子です。でも、皮肉めいてはいますが、どこかユーモラスですよね。いかにもイギリス人っぽいとでも言いましょうか。

メンバーのリンゴ・スターも、なかなかシャレた名言を残しています。

記者  「ベートーヴェンについてどう思いますか?」
リンゴ 「いいねぇ。特に歌詞がいいんだよな」

…おわかりですか? そうです、ベートーヴェンの曲に「歌詞」なんてありません。ベートーヴェンになぞ興味ないよ、くだらないこと訊くんじゃないよ、という皮肉なんです。

ビートルズからの脱退について、振り返ったポールの名言

出典
ニッポン放送ポール・マッカートニーがザ・ビートルズを脱退した際に語った名言

Share Tweet LINE コメント

page
top