grape [グレイプ]

「なぜ、今まで無かったのか」やくみつるが絶賛したコーヒーの葉で作ったコーヒー茶

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

毎週月~金曜日朝8時から放送しているニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』。ふつーの男、沖縄県宮古島出身のアナウンサー垣花正が、今の話題をハッピーにお届けしていきます!

ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(2月5日放送)では、「変わり種のお茶」を特集した。

なんとコーヒーの茶葉で作ったお茶があるという。その名も「トリゴネコーヒー茶」。鳥取の澤井珈琲が開発・販売しており、南米ではコーヒーの葉を煮て飲む習慣があることから、そこに目をつけて開発されたそうだ。実際にスタジオで飲んでみたところ、ゲストのやくみつるは「あずきのような甘みを感じる。不思議ですね。えぐみもなくて、何故、今までこれが無かったのかというぐらい美味しい」と、その味を絶賛した。

苦味が特徴の、ゴーヤーで作った「ゴーヤー茶」は、ビタミンCが豊富で美容に良いと女性に人気だそう。やくみつるは「罰ゲームみたいな苦いお茶かと思ったけど、全然そんなことない。苦味に若干の酸味がある気がする」沖縄出身の番組パーソナリティーの垣花正アナウンサーは、「ゴーヤーっていうと苦そうだけど、意外と苦くない!」とそれぞれ感想を述べた。

「とうがらし梅茶」は、とうがらしと、梅肉、昆布が入っており、こちらも女性に人気だという。垣花アナは「カプサイシンが入っているということで、かなり辛そう!見た目も唐辛子が浮いている!」と警戒しつつも、飲んでみると「お茶というより、スープのよう。程よい辛味!!小腹が空いたときなどに良いのでは?」と提言した。
「トリゴネコーヒー茶」「ゴーヤー茶」「とうがらし梅茶」の3種類を試飲したやくみつる。最後に最も気に入ったお茶を1つあげ、「入手し難いトリゴネコーヒー茶も捨て難いですけど、一番飲みそうなのは、とうがらし梅茶かな?」と、とうがらし梅茶を大いに気に入った様子だった。

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送やくみつるも絶賛 コーヒー茶葉で作ったコーヒー茶

Share Tweet LINE

page
top