grape [グレイプ]

セレブたちがはしゃぎまくる アカデミー賞、クイーンの特別ライブに胸が熱くなる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

『第91回アカデミー賞』で、最多4冠を受賞した映画『ボヘミアン・ラプソディ』。名実共に、2018年を代表する1作となりました。

また、授賞式のオープニングには、ゲイをカミングアウトをしている歌手のアダム・ランバートをボーカルに迎えた、クイーンのスペシャルバンド『アダム・ランバート feat. クイーン』が出演。

名曲『We Will Rock You(ウィー・ウィル・ロック・ユー)』と『We Are The Champions(伝説のチャンピオン)』を立て続けに披露し、その圧巻のパフォーマンスで会場を盛り上げました。

演奏の素晴らしさはもちろん、無邪気な笑顔を浮かべるセレブたちの姿も印象的だった、今回のパフォーマンス。

その姿は、クイーンの楽曲を心から愛し、1人のファンとして純粋に演奏を楽しんでいることが伝わってきます。

あの瞬間、会場にいた誰もがクイーンの楽曲で心が1つになったことでしょう。

【ネット上の反応】

・大人になっても、ロックだね!

・最高のオープニングアクトだった。これを超えるパフォーマンスはないだろう。

・ボーカルにアダム・ランバートを選んだのは正解だと思う。彼ほど、フレディ・マーキュリーの魂を表現できる人はいない。

『アダム・ランバート feat. クイーン』のパフォーマンスは、多くの人の胸を熱くさせただけでなく、後に4冠を受賞した『ボヘミアン・ラプソディ』への最高のプレゼントとなったはずです。

彼らのパフォーマンスを、あの場で生で聴けたセレブたちがうらやましいですね!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top