grape [グレイプ]

「何も資格はないけれど…動物と関わる仕事がしたい!」男性が選んだ仕事は動物好きのおっさん?!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

廣川さんは犬たちにとって安心できる存在

【ペットと一緒に vol.135】

動物病院に転職~職種は“ただの動物好きのおっさん”

30代半ばで約15年間の接客業のキャリアを捨て、未経験で一から動物業界に転身をした廣川秀さん。動物に囲まれる仕事が楽しくて仕方がないと語る、廣川さんの職場とプライベートでの犬まみれの生活を紹介します。

ある日突然訪れた転機

動物病院におよそ10年間勤めている廣川秀さん。「私が何者かと言うと、あるときは看護師、あるときは送迎ドライバー、またあるときは……ただの動物好きのおっさんです(笑)」と、自らを語ります。

廣川さんは犬たちにとって安心できる存在

約15年間、接客業を続けて来たある日、突然動物と触れ合いたくなったのだとか。「転職をしようと思っていたら、ペットホテルの従業員募集が目について、胸が躍りました」と、当時を振り返ります。実は廣川さんは動物関係の専門学校を出たわけでもなく、ペットに関する実務に役立つドッグトレーニングやトリマーの資格も保有していません。

「それでも、どうしても動物に関わる仕事がしたくて。ペットホテルのスタッフならば、自分にもできるかもしれないと応募をしました。『何の資格もありませんが、何でもやります』という、動物への熱い思いが伝わったのでしょう(笑)。採用されたときはうれしかったですね」。
こうして、廣川さんは新しい世界に30代半ばで転職を果たしたのです。

廣川さんの愛犬のキャラちゃんとメルちゃん

動物に触れられる喜びをかみしめながら

ペットホテルでの新しい仕事は、不安や戸惑いよりも喜びのほうがずっと大きかったそうです。「預かっている犬たちとの散歩も楽しく、フリースペースでは座ったり寝転がったりするとあっという間に犬たちに囲まれて。それはもう、夢心地でしたね(笑)」と、廣川さんは言います。

私は動物好きのただのおっさんですから

出典
ニッポン放送動物病院に転職~職種は“ただの動物好きのおっさん”

Share Tweet LINE コメント

page
top