grape [グレイプ]

「飼い主さんの命があってこそ」動物看護師がペットのために目指したのは

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【ペットと一緒に vol.136】

ペットと人の両方の防災士になる! 動物看護士を決意させた保護猫の存在

動物看護師の村井知美さんは、専業主婦としての日々から思いがけない復職を果たし、保護猫ボランティアとして活動するようにもなりました。さらに、発災時には人も動物も守れるようになりたいと、新たな学びをスタートして防災士などの資格も取得。知美さんのこれまでのストーリーと、ペットとの暮らしで重要な防災対策について聞きました。

獣医看護師の復職が転機に

娘さんの後押しで、村井知美さんが動物看護師として18年ぶりに復職をしたのは、2012年のことでした。

「夫の海外転勤に帯同したり、2人の娘の出産や子育てでかなりのブランクがあり、最新の獣医療について行けるか不安があったんです。でも、復職してよかったです。それから世界が一気に広がって行ったので」と、知美さんは振り返ります。

勤務先での村井知美さん

保護猫の一時預かりボランティアも始めた知美さん。「娘たちは『100匹の猫の命をつなぐことを目指そう!』と言い、預かる猫には百人一首のすべての歌にちなんだ名前を付けることにしたんです」とのこと。

現在は55匹目の預かり猫のなおきくんがいるそうで、「滝の音は 絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ」という歌の「なほ聞」の部分が由来だそうです。

「1頭目は、『秋の田の かりほの庵の(以下省略)』から採って、かりほちゃんだったんですけど、だんだんと継ぎ接ぎみたいになって来ましたね」と、知美さんは笑います。

記念すべき第一首目から名前を採用した、かりほちゃん

地域の動物推進員に

東京都中央区に住み、区内の動物病院で働き、中央区の猫の保護活動に携わったことがきっかけで、知美さんは中央区の“動物との共生推進員”の一員にもなりました。共生推進員の活動をとおして、知美さんは次第に“ペット災害対策”に関しても真剣に考えるようになったそうです。

「中央区で開催されるペット同行避難訓練などにも参加するうち、自分の犬や猫だけでなく、愛犬や愛猫を連れて同行避難する区民の方々に手助けができるようになりたいと願うようになったんです。認定動物看護師という動物のプロであり、共生推進員でもある立場として、動物だけでなく、人と動物の両方を守れる存在でありたいですね」(知美さん)。

ペットではなく人間の防災士の資格まで

出典
ニッポン放送ペットと人の両方の防災士になる! 動物看護士を決意させた保護猫の存在

Share Tweet LINE コメント

page
top