grape [グレイプ]

カエルや蛇まで食べて生き延びた被災犬 現在の幸せそうな姿に涙

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【ペットと一緒に vol.137】

被災地を1ヵ月放浪した犬が、人を癒すセラピー犬に

Akiホリスティック動物病院(東京都八王子市)の院長で赤坂動物病院の勤務医でもある、菅野晶子さん。2011年3月11日の東日本大震災で行き場を失った姉妹犬の新たな縁を、勤務先での出会いをとおしてつなぐことになりました。

発災から約1ヵ月間の過酷な生活を経て

獣医師の菅野晶子さんは2011年5月当時、勤務先の赤坂動物病院に福島からやって来た被災犬のことが、とても気になっていたと言います。

「テリアミックスの姉妹犬が、愛護団体経由で福島県楢葉町からやって来たんです。空腹のあまり、カエルやヘビまで食べていたみたい。それらにしかいない寄生虫が、2頭から検出されたので……。2頭とも暗い表情を浮かべていました。1日でも早くしあわせを手にして欲しいと願いながら診察をしたのを、よく覚えています」(菅野さん)。

保護された直後の写真 鼻のまわりの毛が抜けています

2頭は、住民がほぼ避難してしまい無人に近い楢葉町の、人家のまわりをさまよっていたとか。避難する際に愛犬を連れて行けない飼い主が、何とか生き延びて欲しいと愛犬たちを放したケースがあったと言います。あるいは、自力で首輪やチェーンを外して路上にさすらう犬もいたようです。

赤坂動物病院にて(2011年7月)

テリアミックスの姉妹犬が保護された4月8日、愛護団体の関係者は自分たちの危険を顧みずに被災地に入り、残された犬や猫を保護してまわっていたそうです。

「2頭を見つけると、おやつで誘いながら近くまで呼び寄せてリードを付けたみたいですね。どうやら保護した道路の目の前のお宅で屋外飼育をされていたようで、保護したことを知らせる張り紙をしておいたと聞きました。その後、飼い主さんが判明したそうですが、2頭を飼育できる状況ではなかったため、譲渡先を見つけてくださいとのこと。どうしても気になっていたので、1頭は私が引き取ることにしたんです。2011年7月、赤坂動物病院に来てから約2ヵ月後のことでした」(菅野さん)。

2012年4月 すっかり東京での生活にも慣れました

出典
ニッポン放送被災地を1ヵ月放浪した犬が、人を癒すセラピー犬に

Share Tweet LINE コメント

page
top