grape [グレイプ] lifestyle

水槽からニョキッ! お魚が植物を栽培してくれる「アクアポニックス」に注目が集まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

お魚も飼いたいし、ちょっとしたお野菜や植物を一緒に育てたいけど…忙しくて、毎日の世話が難しいという人も居るでしょう。また、自分のスペースに水槽と植木鉢の両方は置けない、でも諦めたくない…!

そういった人たちにオススメなのが、この”未来型の水耕栽培”です。

よーくご覧ください。

そう。水槽の横で、レタスが栽培されているのです!

14941_00

出典:YouTube

アメリカ発祥の「アクアポニックス」は、海外を中心にエコでオーガニックな野菜の栽培方法だと注目を集めています。

アクアポニックスという言葉は、水産養殖(Aquaculture)と水栽培(Hydroponics)という二つの言葉から出来上がった単語です。水産養殖と水栽培それぞれの属性を共有し、個々で持ち合わせている機能よりはるかに多くの発展があります。アクアポニックスとは、水産養殖と水栽培を組み合わせた合理的で独特な栽培方法です。

日本アクアポニックス ーより引用

アクアポニックスでは、主に葉野菜を育てることができるそう。レタスやエゾネギなど、葉っぱの多い作物はもちろん、最近ではトマト・きゅうり・コショウ・メロンなども育てられるようになっているとか。

このシステムを取り入れることで、水槽の水を交換する頻度は少なくて済みますし、完全無農薬のお野菜を育てることが出来ます。

その手軽さと環境への優しさ、見た目の可愛らしさから、日本でもじわじわと話題になり始めています。

筆者は以前、金魚を飼っていましたが、水の交換は本当に面倒なものでした。その回数を減らせるうえに、新鮮なお野菜を楽しむことができる…。

一石二鳥のアクアポニックス、日本でも拡がっていって欲しいと思います。

出典
魚の排泄物を肥料にして野菜栽培もできるアクアリウム #DigInfo@funyarrrr@hiyokomiyake

Share Tweet LINE コメント

page
top