grape [グレイプ]

ヘタすると手術!? スマホ使いすぎが原因 『ドケルバン病』が危険

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

スマホの使いすぎが、思わぬ病を招くかもしれません。

スマホの操作で親指を使いすぎ、手首に腫れと痛みが生じる「ドケルバン病」を発症する人が増えているようです。

ドケルバン病とは腱鞘炎の一種

ドケルバン病は、長拇指外転筋腱(ちょうぼしがいてんきんけん)と短拇指伸筋腱(たんぼししんきんけん)の腱鞘炎です。

名前が難しいですが、簡単にいうと親指を伸ばしたり開いたりする腱に炎症が起こり、痛みが出るというもの。 ひどくなると激痛にもなるというので、たかが腱鞘炎と侮ってはいけません

14914_02

かつては妊娠出産期や更年期の女性、スポーツや指をよく使う職業の人に多かったようです。最近はスマートフォンやパソコンのヘビーユーザーが増えたので、それに比例してドケルバン病を発症する人が急増しています。

あまりにも重症化すると親指を広げにくくなったり、手首や腕、肘まで痛く感じるようになってしまうことも。

予防と対策はとにかく休息

ドケルバン病の予防と対策は、とにかく手首を休ませることが一番です。

  • スマートフォンであれば片手で操作をせず、なるべく両手を使うようにする。

  • 痛み(炎症)がある場合には冷湿布を貼る。炎症を抑えることで、痛みをやわらげることができます。

  • どうしても使わなくてはいけない場合はサポーターやテーピングをする。

自分で簡単に診断可能

ドケルバン病は自分で簡単にテストすることができます

14914_03

親指を内側にして手を握り、手首を小指側に倒します。これで手首の痛みが強くなるようなら、ドケルバン病の可能性があります。痛みがある場合はあまり無理に行わないようにしてください。

この診断で痛みがある場合ですが、まだ我慢ができるといって放置していると、最悪のケースとして手術をしなければならなくなることもあるようです。

ひどくならない内に専門家に診てもらいましょう。

他のスマートフォンの使いすぎの症例として、指が変形してしまう『テキストサム損傷』というものがあります。 こちらもあわせてご覧ください。

便利でついつい使ってしまうスマートフォン。たまには手や指にもお休みを与えてあげましょうね。

Share Tweet LINE コメント

page
top