grape [グレイプ]

「今の時代に貧困なんてあるの?」その言葉を聞いた男性 仕事をやめて始めたのは

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※ 写真はイメージ

毎週土曜日朝8時放送 ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』より。

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょうは、子どもを持つお母さんのために気軽に行けるカフェを作って、「集いの場所」を提供しているオーナーのグッとストーリーです。

「おやこカフェ ほっくる」店内の様子

住宅が建ち並ぶ、東京・杉並区。6年前、JR阿佐ヶ谷駅前にあるビルの3階に、ユニークなカフェがオープンしました。お店の名前は「おやこカフェ・ほっくる」。その名の通り、お母さんたちが赤ちゃんや小さい子どもを連れて、気軽にお茶やランチができるお店です。

おむつ替えや授乳もでき、地元で人気のパン屋さんによる「パン作り教室」や「親子ヨガ教室」など、さまざまな講座も行われ、長居しても構いません。地域のお母さんたちにとっては、ママ同士が集う憩いの場でもあります。

「『ほっくる』は『ホッとしたい人が来る場所』の略で、当時の店長が考えたんです。店長も主婦なんですが、北欧っぽくていいでしょ?」と語るのは、「ほっくる」のオーナー、小山訓久さん・41歳。シングルマザーの支援や、子どもの貧困解消に取り組むNPO法人・リトルワンズの代表でもあり、地元のお母さんたちの間では「オーナーさん」と呼ばれ、親しまれています。

「NPO法人 リトルワンズ」HPより

アメリカの大学に留学中、DV被害者を支援するボランティアを経験した小山さん。帰国後、テレビ番組制作の仕事に携わり、貧困に苦しむ日本の母子家庭の問題を取り上げようとしましたが、プロデューサーに「いまの時代に貧困なんてあるの?」と言われ、番組はボツに。

「それから半年ほどしてようやく、母子家庭の子どもの貧困が社会問題になりましたが、当時はまだ番組として取り上げるには、ちょっと早かったんですね……」と言う小山さん。「番組を作るより、自分で支援活動を始めた方が早い」と考え、NPO法人を立ち上げました。

団体名の「リトルワンズ」は「子ども」という意味と、「みんなができる小さなことを集めれば、1つの大きな力になる」という意味も込められています。

お店の様子(「おやこカフェ ほっくる」HPより)

さっそく小山さんが取り組んだのは、「シングルマザー同士の交流の場を作ること」でした。近所の公園や公民館などを借りて、SNSで参加者を募ったところ、毎回20組近い親子が参加。

「同じ境遇の人同士が集まって話していると、いろんな解決策が出て来るんですよ」と言う小山さん。そのほか、シングルマザーがなかなか部屋を借りられない問題を解決するため、「空き家問題」に悩む国や自治体と連携。空き家を安い家賃で母子家庭にあっせんする活動も始め、6年間で300世帯以上の住居を支援。この活動で、国連による「世界ハビタット賞」を受賞しました。

出典
ニッポン放送おむつ替えや授乳もできる、“秘密基地”のようなカフェとは?

Share Tweet LINE コメント

page
top