grape [グレイプ]

激しく燃える自宅に駆け込んだ男性 命がけで『家族』を助けた男性に称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Adam Guzman

アメリカ・カリフォルニア州で撮影された、火事の現場を映した動画です。激しく炎を上げて燃えている民家の周りで、消防士たちが消火活動をしています。

すると1人の男性が走ってきて、炎が上がっている家の中に入ろうとしたのです。

驚いた消防士たちが止めようとしますが、男性はそのまま火の中に入ってしまいました。

「誰か、彼を助けてくれ!」

そんな声があがり、緊張感が高まる現場。

すると男性が家に入ってから約23秒後…。

男性が1匹の犬を連れて無事に戻ってきました!

ホセ・グズマンさんというこの男性は、家の中にいた愛犬ガッバーナを助け出すために入って行ったのです。

海外メディア『ABC6』によると、ホセさんはこの日、家族と一緒に出かけていました。近所の人から火事の知らせを受けたホセさんは、家で留守番をしているガッバーナを助けるため、大急ぎで自宅へ戻ったのです。

消防士が止めるのも聞かずに、ためらいなく家に入って行ったホセさんは、まず裏庭に向かいました。しかし犬小屋は焼失し、そこにガッバーナの姿はなかったのです。

「きっとどこかにいる」

そう感じたホセさんが家の中に入ると、唯一まだ燃えていなかったトイレの中にガッバーナが隠れていました。

YouTubeに投稿されたこの動画には、ホセさんの勇気を称賛するコメントが多く寄せられています。

・彼が助けたのはただの『犬』じゃない、家族の一員なんだ。

・きみは正しいことをした。俺も愛犬のためなら同じことをするだろう。

・そこにためらいはない、愛があるだけだ。

ホセさんもガッバーナも手や顔にやけどを負いましたが、命に別状はありませんでした。助けている時、ホセさんはただ必死で、やけどをしたことすら気付かなかったということです。

この火事で自宅を失ったホセさんと彼の家族のために、ホセさんの姉妹が寄付金サイトを設立。18日間で目標金額の7万5千ドルを超える7万7千ドルが集まっています。

家族全員が留守中に家に残っていたガッバーナ。燃えた犬小屋からは抜け出しても、家の敷地から外へ出ることはできなかったのでしょう。

もしホセさんが助けに行かなかったらどうなっていたことか…想像するとゾッとします。

命がけでガッバーナを助けたホセさんの勇気を称賛すると共に、ホセさんとご家族に元のような平穏な生活が1日も早く戻ってくることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
Adam GuzmangofundmeABC6

Share Tweet LINE コメント

page
top