grape [グレイプ]

【訃報】任天堂 岩田聡社長逝去 数々の名作ゲームをありがとう…世界中から悼む声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

任天堂株式会社 代表取締役社長の岩田聡氏が平成27年7月11日、胆管腫瘍のため亡くなりました。享年55歳でした。

このニュースには、子どものころから任天堂のゲームに親しみ、一緒に育ってきた世代の人々から、早すぎる死を悼む声が集まっています。

岩田社長の功績

岩田氏は元敏腕のプログラマー。2000年に任天堂に入社。二年後の2002年には42歳で社長に抜擢されてあとも数々の人気ゲームのプログラミングにも参加するほどだったそうです。

公式サイトなどでネット配信されていた「ニンテンドーダイレクト」では、岩田氏自ら新作ゲームソフトやハードなどの情報を発信し、人気を集めていました。彼のプレゼン力の評価は高く、もう彼の声を聴くことはできないのか…と嘆く声が多く聞かれます。

「星のカービィ」「MOTHER」「大乱闘スマッシュブラザーズ」…岩田氏の経営手腕によって生み出された、傑作ゲームは数えきれないほど。プレイしたことがなくとも、その名を目にする機会は多いのではないでしょうか。

国内だけでなく、海外からも悼む声が…

岩田社長の訃報に、国内のファンのみならず、海外からも多くの「たくさんのゲームを生んでくれてありがとう」の声が寄せられています。ハッシュタグ「#ThankYouIwata」がついたたくさんのツイートが、Twitterのタイムラインを埋め尽くしました。

岩田さんの悲しいニュースを聞きました…ご冥福をお祈りします。ゲーム界にとってとても悲しい日となりそうです。

岩田聡は、ゲーム業界大手の役員の中で、本当にゲームを愛していることが目にみえて分かる、数少ない人でした。

「名刺は社長、頭はゲーム開発者、心はゲーマー」― 岩田聡

作り出したゲームだけでなく、社長自身も、世界で愛された人物であったことがわかります。

後任には、竹田 玄洋氏、宮本 茂氏が代表取締役 専務取締役として就任することが発表されています。

岩田氏が遺した、名作ゲームはこれからも長く世代を超えて愛され続けることでしょう。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

出典
任天堂株式会社@taroradi@SpicyJackX@atsushi_knk@uramino@SplatoonNA@SHHedgehog44

Share Tweet LINE コメント

page
top